~救いの証 3~

 アメリカでの新しい生活が始まり私は環境の違いに戸惑いながらも学生生活を過ごしていた。日系2世の父はいつもにこやかで優しいとしかたとえようのない人で生涯家族を大切にし、私の事も深い愛情をもって育ててくれました。一つ難をいえば宗教に関しては仏教にやや傾いていたことぐらいでした。

学校と自宅を往復するだけの毎日だった私にある時母が広告で見つけたと言って日系混声合唱団というコーラスグループがありそれに参加してみたら?という母の言葉に私もすぐ同意してその週末からメンバーにさせてもらいました。当時は私が最年少でしたが何人かのお友達もできて週1回の練習日を私は心待ちにするようになりました。

その合唱団にはとても声の大きいそして素晴らしい歌声のお兄さんがいてもちろんリーダーとしてメンバーを統一されていました。その方は後年牧師になられました。

安藤英世先生です。メンバーのなかに中村さんというご夫妻がいらして奥様の幸子夫人は大熱心なクリスチャンでした。ある時「今度の日曜日何してる?」と夫人から聞かれ、うっかり「何もしていません」と答えてしまった私はその週の日曜から幸子夫人の送迎付きで教会に通う事となりました。

今思えば教会に導いて下さった幸子夫人には感謝しかありません。しかし当時の私は日本語礼拝でもなかなか馴染めず毎週日曜がやってくると「どうしてこういう事になってしまったのか?」と自分に問いかけ聖書を読むこともしませんでした。

教会に行きだした私を母は喜んでいたみたいですがあれこれいう事はなくただ必ず「今日の教会はどうだった?」と私に問いかけ、何を聞かれても礼拝後の交わりで頂いたお菓子が美味しかった話しかしない馬鹿娘を目の前にして「それでも楽しかったのなら良かったね」と笑っていました。

きっと母はいつかの神様のタイミングで私の心に光が差し込む事を確信していたのだと今になって思います。求めれば必ず答えが返ってくる、、そのような事にも気付くことなくフワフワした気持ちで通っていた教会もやがて勉強がとても大変な時期に差し掛かった事を理由に私はまた離れていきました。

そしてそれからやがて大人になって再び教会のドアーを開けるまではてしなく長い年月がかかりました。しかし私のみならず仏教に傾いていた父までがクリスチャンとなる日が後年訪れることは神知るのみ、すでにその時決められていた救いの道でした。   

 西原ジュリー

~救いの証 2~
成長すると共に私は信仰の深い母とは別の道に進んでいた。そのうち母が祈ってくれているので我が家は安泰とさえ思うようになりました。

一家に一人祈る者がいればすべて良しとはいったいどこから出てきた理論かわかりませんが当時の私はそれが正論だと信じていました。時が過ぎ母の店も人任せにできるようになったころ母は度々渡米していました。

ロスアンゼルスには母の妹つまり私の叔母が住んでいてその訪問もありましたが後に母から聞く話ではアメリカで日本料理店を開きたいと思っていたとの事。当時まだ数えるほどしか和食店がなかったことを考えると肝っ玉母さんにもほどがあります。

しかし神様は母にそれとは違う道を開いて下さり母は再婚そして生涯を共にした良き伴侶との出会いがあり米国で暮らす事になり私と祖母も移住する事となりました。

私は母の再婚を心から喜びまた若かったせいか友達、親戚との別れや生まれ育った土地を離れることに何の淋しい感覚もなくただただアメリカってどんなところなんだろう?と地図を広げてはため息をつく毎日でした。

思えば私の人生の要所要所で神様はそのみ手を私に差し出して下さりその都度私は横を向いて通り過ぎていました。当時私が通っていた学校には生徒の憧れの先生がいて私もその女教師,美子先生を尊敬し大好きでした。

その美子先生が間もなく日本を離れようとしている私ともう一人仲の良かった級友を先生のご自宅に昼食を作り招いて下さいました。心のこもったおいしいお食事をした後、お部屋の中をふと見まわすと本棚に聖書が立てかけてあるのを見つけ“先生、聖書読むの?”“教会行ってるの?”“クリスチャンなの?” と矢継ぎ早に聞く私に先生は黙って頷かれました。

初めて知った事でした。私が“聖書は持ってるけど一度も読んだ事ない”と言うと先生は“貴女の手元に聖書がある限り貴女はきっといつかそのページを開く事があると思いますよ”と言って私の手をとって“貴女がアメリカに行っても世界中のどこへ行っても神様にずっと守られ新しい道が開かれますよ。何も恐れずお任せしなさい”と祈って下さいました。

私は先生が私のために祈ってくれた。そのことでわけもわからず涙が止まらず泣き続けました。別れの時ちぎれるほど駅で手を振って送ってくれた先生はそれから数年後教会のご奉仕をされるため学園を退職されたと風の便りで知りました。

先生に祈って頂いたその夜、私は引っ越し荷物の中に聖書を大切にしまい込みました。そしてそれから1週間後夢見る夢子さんの私と祖母は日本を旅立ちました。

14歳の夏の事でした。

西原ジュリー



ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


ひとは幼少期の記憶を鮮明に覚えているものだろうか? 私は3歳くらいの事が不思議とはっきり脳裡に残っている。

私は東京大田区の洗足池と言う都内でもかなり人気の高い池と春には桜が満開の公園が目の前に見渡せるそんな場所で生まれました。

すぐ近くに小さいけれど絵本に出てくるような教会があり両親が私を連れてそして大好きだった祖母も連れて礼拝に行っていた。覚えているのは会堂を駆け回る私を母や祖母が追いかけてはたしなめるシーンです。

繰り返し浮かんでくる思い出です。思えばそれが後に教会とそして神様と繋がる原点であったような気がします。しかし本当に神様を信じ救われる日が訪れるのはその日から長い長い年月の繰り返しの後の事でした。

我が家は平凡だけど幸せな家庭だったと思います。しかし平凡な一家に変化が訪れたのは父の死でした。末期の胃癌で手の施しようがなかったと後に母から聞きました。おそらく現在の医学なら助かったかもしれません。

私が幼稚園に通い始めた頃の事でした。父が残してくれたものもありましたがそれからというもの母は一家のお父さんになりました。

母という人がどうしてあんなに物事にポジティブで何にもめげない性格だったのか、それはやはりすべてを神様に委ね信仰の中で生きていたからだと少しずつ私自身が分かってきたのは物心ついた頃からでした。

とは言うものの母の苦労は並々ならぬものだったろうと思います。都内にレストランを経営し始めた母は幸いお店が大繁盛していたこともあり帰宅も遅くそして以前のように礼拝にも行けなくなり仕事ずくめの毎日でした。

楽しみと言えば夜帰宅してから分厚い本(私はそう呼んでいました)聖書の事です。それを読むことだったようです。母は私にあまり聖書の教えや、み言葉など語ることはありませんでしたが、ただ “すべてに感謝しなさい”“今日の一日も明日の事もすべてね”といつもくりかえし言っていました。

”感謝“の深い意味が分かるようになったのはこれからまだずっと先の事でした。

西原ジュリー



ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


前号で書かせて頂いた緩和ケア病棟での音楽ボランティアの働きの中で、忘れられないある思い出があります。

その日、ピアノがある談話室には誰もおらず、私は静かな中で各病室に向けて祈りつつ演奏していました。するとバタバタと慌ただしい気配がし、談話室に張り詰めた顔のご婦人がいらっしゃったのです。

話を少し伺うと、親しいご友人がご臨終間近の時を病室で迎えておられる事、ご自身はクリスチャンである事、もう会話が出来る状態ではないけれど、まだご友人に福音を伝えられていない事が分かりました。

その時、聖霊様の促しを強く感じた私は「もし病室に私がお邪魔する事が可能だったら、枕元で一緒に賛美してお祈りしましょう!」と提案しました。普段の私ならこんな大胆な発言は出てこなかった事でしょう。

特に大事な最期のご家族との時間にお邪魔するとは…。でもそれは私自身から出た言葉ではなく、確かに主からの力強いGOサインだったのです。

彼女も急に力を得た様子でご家族に了解を得て下さり、私は病室に伺って「慈しみ深き」「永遠にあなたと」を枕元で賛美する事が出来ました。そして患者さんの手を取り、”今この賛美を通して目が開かれ、主を受け入れる事が出来ますように…”と、心からとりなしの祈りを捧げました。

後日、その方がその数時間後に亡くなられた事が分かりましたが、とても穏やかな最期でいらした事、また賛美を聴いていたご家族皆さんにとっても良い時であったと伺う事が出来、全てを整えて下さった主に改めて感謝の思いでいっぱいになりました。

また、主が私に送って下さったご婦人とはこの時を機に親しくさせて頂くようになり、彼女を通して私はその後、高齢者施設や幼稚園など、音楽を通して福音を伝える多くの現場に繋がっていくようになるのです。

「神のなさる事は、全て時にかなって美しい。」(伝道者の書3:11)

この先も折々に置かれた場所で、私は主の完璧で愛に満ちたご計画を体験していく事でしょう。

期待し委ねつつ、歩みを進めたいと思います。(終)

黒澤倫子



ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


宇都宮に転居してしばらく経った頃、教会の牧師夫人からあるボランティアのお誘いを受けました。それは病院の緩和ケア病棟で音楽を演奏する働きで、彼女は毎週そこでギターの弾き歌いをされていました。

それまで病院とも、ましてや緩和ケアのような特別な病棟には全く縁がなかった私だったので、そこで演奏をする事にどのような意味があるのか…不勉強な状態ながら、自分に出来る事だったら喜んで!という思いで、毎週病棟に通って歌をお届けする流れとなりました。

日本の公共施設は規制が厳しい所が多く、宗教的な音楽はNGと言われてしまう事も多々あるのですが、その病棟は医長もクリスチャンでいらした為、賛美歌大歓迎!とばかりに喜んで受け入れて下さり、私も病室の患者さんやご家族を思って祈りながら賛美を捧げる事が出来ました。

元気な患者さんからはリクエストも頂く事がよくあり、昭和歌謡にコテコテの演歌、軍歌などなど…耳にした事もない曲をその場で対応するのは骨が折れ、初めの頃は「知らない曲なのでごめんなさい」とお断りするばかりだったのですが・・・ある時、リクエスト頂いた曲を調べて練習し、次の週に持参した折にはもうその患者さんにはお聴かせ出来なかった・・という経験をしました。

以来、病棟での出会いが本当に一期一会である事、またその機会も主が与えて下さっているご計画の中にある事、私はこの出会いで福音を伝える為に遣わされている1人なのだという強い自覚を持つようになりました。

音楽は人を癒やします。そこに主が働いて下さいます。苦しそうにしていた方の顔が音楽を聴いて和らいだり、疲れ果てている方が音楽を聴いて涙を自由に流す事が出来たり…毎回その奇跡を目の前で体験する事は、どんな理屈も超えた主の臨在と癒やしを実感する時間でもありました。

例え歌っているのが賛美でなくとも、話す内容が聖書の御言葉でなくとも、伝え手が主に委ねて愛を流し出す時、万能の主はいかようにもそれらを用いて働いて下さいます。

(次回に続く)

黒澤倫子



ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


信仰の先輩方との学び、同年代の仲間との歩み、若者達との交わり…それぞれの世代の神の家族と過ごす信仰生活は私に沢山の霊的栄養を注いでくれました。

特に教会のユースパスター達と歳が近かった事もあり、色々な教会ミニストリーを同労者のような思いを持ってお手伝い出来た事、また彼ら献身者の歩みを間近にいつも見て学べていた事が、私の根無しの信仰が一気に揺るぎないものになっていった大きな要素かと思います。

また、教会での聖書講座の学びも受講し続けていく事で初めて、礼拝メッセージで聞くだけではない、聖書そのものを探り理解を深めていく信仰の歩みの基礎を身に付ける事が出来ました。

大きな教会という事もあり、多方面に働きが広がっている恵まれた環境下にありましたが、その中でもやはり賛美、音楽ミニストリーには深く関わらせて頂き、多くを学ぶ機会を与えられました。

単純に音楽の才能、技術の有無ではなく、生きた供え物としての賛美を捧げるべく霊的に整えられていかなければならない…その芯の部分をチームで一致して持ち続けられるよう、礼拝の賛美奉仕者は共に学ぶ機会を定期的に持っていました。そこで賛美の本質、賛美者としての責任に初めて触れ、練られ成長させて頂いたと思います。

また伝道目的のゴスペルクワイヤやコーラスミニストリーに関わらせて頂く中で、神様が私達に与えて下さった音楽が、そして歌詞からくるメッセージが沢山の人々の心を開かせ、主の愛を知り救いに導かれる光景に、文字通り数えきれないほど立ち会う恵みに預かりました。

これらは神様が私に音楽の賜物を与えて下さった流れで関わる事の出来たミニストリーですが、そこで私は音楽活動そのものには携わらず、グループ内の管理や活動の裏方を担当させて頂いていて、自分がそのような奉仕をとても好きである事、喜びを持って仕える事が出来る事に自分自身が気付いた時ともなりました。

「仕える」事が私に与えられた賜物!と主にあって胸を張れる…何という恵みでしょう!

黒澤倫子



ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


よちよち歩きのクリスチャンとして日本に帰国した私は、夫の次の勤務先となる栃木県で生活する事となりました。

新しい土地で人の繋がりもなく、受洗した教会からの強い勧めもあって、最初の数ヶ月は毎週東京にある教会に通いました。しかし、電車で往復数時間ずつかかるような教会生活はあっという間に疲れ果て、次第に私は教会から離れたいという思いばかりが頭に浮かぶようになりました。

海外で救われた後に日本に帰国するクリスチャン、その生存率(?)は3割に満たないと言います。聖書の種まきの例えのように、芽は出したものの、根をじっくり張って栄養をたっぷり受け取ったり、またイバラを一緒に取り除いてくれる助け手がいない種は簡単に死んでしまいます。

私も本当に危なかった…あのまま苦しい気持ちで、ただ強制的に教会に足を運んでいたら、あっという間に枯れてしまった事でしょう。少なくとも、神様がまた私を引き戻して下さるまでに相当の回り道をしていたかと思います。

しかし良いお方である主は、私にとってのベストな土壌をきちんと用意して下さっていました。

地元で集える教会を見つけたいと方針を変えた私は、ネット検索をして出てきた教会を順番に訪ねてみようと思い立ちました。そして、検索結果の最初に上がってきた教会が「峰町キリスト教会」でした。

その教会の日曜礼拝に緊張しつつ顔を出したところ、LAでの共通の知り合い、また夫の会社で働いている教会員の方、海外駐在経験のある姉妹…と、瞬く間に何かしらの繋がりがある人達を沢山紹介してもらいました。(今でこそこのような経験はクリスチャンあると分かっていますが、当時の私にはかなり衝撃で、1日にして栃木が急に身近に思える場所となりました。)

峰町キリスト教会は教会員約600人という北関東有数の大きな教会でしたが、各世代のリーダー達が沢山起され、スモールグループや各活動も大変活発な”活きた体”の教会で、芽を出したばかりの私にとっては霊的栄養たっぷりのフカフカの土壌でした。 (次回に続く)。

黒澤倫子

無事に実家に戻った後は日々仕事に追われ、充実しているようで刹那的な生活を送っていましたが、2009年結婚に伴い、夫の駐在勤務で南カリフォルニアに移り住む事となりました。

海外生活が初めてだった私は、アメリカ人の友人が欲しい&英語が話したいという動機で、英語のバイブルスタディに参加するようになりました。

毎週数人の姉妹達が自宅を訪れ、私1人に対して時間を割いて聖書を教えてくれる…どうしてこの人達はここまで私に親身になってくれるのだろう?と、その熱意に不思議な思いでいましたが、彼女達はいつも「あなたがJesusを知る事が私達の願いだから」と真剣に、時には涙ぐんで話していました。

その思いに応えたいという気持ちもあり、私自身も熱心に聖書を開くようになってしばらく、有名な”放蕩息子のたとえ”の箇所を読む機会が訪れました。

私にとってはその一文一文がまさに自分の過去を見るようで、そこで恥ずかしさと共に、忘れかけていた「赦された喜び」が今一度思い起こされたのです。

かつて母が私に示してくれた愛を通して、神様が私に個人的に示して下さっている無条件の愛が”体験”として理解出来ました。こんな私をも愛して下さるなら、素直に委ねて受け入れられたいと、心から思えたのです。以前は主に委ねる人生を歩む母を馬鹿にしていた、高慢で自己中心の私は180°変えられました。

こうして2010年秋に洗礼を受けたのですが、その際に日本から届いた母の手紙には、99匹の羊のたとえと、母が私の救いの為に10年祈りを積んでいてくれた事が書かれていました。主は祈る者に必ず応えて下さる。これほど励まされる真実はありません。

その後、日本語での聖書の学びや交わりの必要を感じ始めた私は、GVICで開かれたコンサートに訪れた事を機に、日本帰国までの1年余りをGVICでも過ごさせて頂くようになります。右も左も分からなかった幼い私を温かく迎え入れて下さったGVICの皆様には感謝の思いでいっぱいです。

そして、2012年頭に夫が栃木県へ転勤となり、日本に帰国致しました。(次回、日本での信仰生活について)

黒澤倫子



ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


私が初めて聖書に触れたのは、弟がキリスト教系の幼稚園に通っていた頃の事です。

彼が持ち帰ってきた子供用の聖書の物語が幼心に面白く、また時に恐ろしかったりして夢中で読みました。今でもその挿絵を思い出しているくらいですから、神様のプランは私が母の胎にある頃から始まっていたのだなぁと改めて思わされます。

その後、母が家族で初穂のクリスチャンとなり、私自身もカトリック系の高校に通った事もあって、キリスト教自体は身近なものとなりました。しかし、主により頼む母の姿は当時の私の価値観から見ると自分がなく依存的な態度に思え、”神を受け入れる事は弱い者のする事”と激しく拒否をしていました。

人間誰でも人生の失敗談があるかと思いますが、私にも思い出すのが恥ずかしい大きなつまづきの時期があります。

大学時代に文字通り”放蕩娘”に成り下がった私は、両親や友人達から受けた愛情も忘れ、絶縁の啖呵を切って家を飛び出し音信不通になる…という愚かな選択をしてしまいました。

周囲の心配通り、その選びには多くの試練があり、最終的に私は路頭に迷うか実家に助けを求めるか…というところまで追い詰められました。

この時にやっと「こんな自分勝手に離れていった子供を赦してくれるはずはない…でも謝るだけでも謝りたい。どんな扱いでもいいから戻りたい。」という気持ちが私の中で大きくなり、意を決して私は数年ぶりに実家に電話をかける事にしました。

電話口に出たのは母でした。私がぽつりぽつりと謝罪を述べると、母は一言の苦言も口にする事なく「無事で本当に良かった、すぐに家に戻っていらっしゃい」と、ただ両手を広げて私を迎え入れてくれたのです。

私の全てを無条件で赦し、受け入れてくれた母の愛の深さが私の心に刺さりました。

また、こんなにも母を悲しませ、苦しめてきた自分の愚かさ、罪深さも身に染みました。

こうして私は「赦される」という貴重な経験をして、両親の愛の下に戻る事が出来たのですが… (次回に続く)

黒澤 倫子



ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


“新型コロナウィルス”が世界的に広がって、私たちの生活は大きく変わり始めました。最近届けられるニュースも暗いものが多く、山火事や人種差別の暴動、デモなど2020年は今までにない出来事が続けて起こっています。

その影響かもしれませんが体に異常をきたす人が多く、神経衰弱に陥り自殺者も増加してきています。この疫病は人類,

誰一人として逃れることのできない出来事です。しかし、聖書にはこのようなことが必ずやってくると預言されています。

こんな時代だからこそ、暗黒を照らす真の光である神の言葉が、またイエスキリストの神の愛が必要だと一人一人に語られているように思います。

聖書の黙示録にはこれからの近い将来、人類史上極めて厳しい患難な時代に入っていくことが書かれています。その中で私たちはどのように歩んで行ったらいいでしょうか。

100年に一度の危機とされるコロナウィルス禍で教会も変化を余儀なくされています。オンライン礼拝に切り替えるほど様々な対応を迫られています。

しかし、教会堂が閉ざされていても教会は決して閉ざされません。どんな状況下にあっても教会は存在すると信じています。

教会はキリストの体(エペソ1:23)とあるように教会の頭であるイエスキリストにあって集められた群れそのものと信じます。この時こそ聖霊の力によってこの困難な時代を希望に満たされ喜びと平和を持ち続けて2021年を迎えたく祈っています。

1テサロニケ5:9-10 神は私たちがお怒りを受けるようではなく主イエスキリストに救いを得るように定めてくださったからです。

目を覚ましていても、眠っていても主と共に生きるようになるためです。今月12月25日はイエス様の聖誕日です。私たちを救うためにこの世にお生まれ下さった神様からのギフトです。

その方を私たちが心を開いて受け入れるときにどんな状況下に置かれたとしても神の平安が私たちを包んで守ってくださります。

メリークリスマス! 

鈴木あき