ゴスペルベンチャーインターナショナル教会 (GVIC) | June, 2022

2022年6月26日

 2022年のみ言葉
「激しい争論があった後、、衆議一決した」使徒行伝15:7,25. 大同一致!


「飛脚」コラム | キム・明子

GVIC新年度スタートに向けて

ここアメリカでは卒業式シーズンとなりました。高校卒業は義務教育が終わり、子供達が自立していく巣立ちのお祝いでもあり、大学卒業は厳しい勉強を終えた誇らしい、家族をあげた喜びのお祝いの時でしょう。しかし卒業式はあるものの、アメリカでは入学式がありません。新学期から通常授業で始まるというのは、日本との大きな違いです。【つづきを読む】


2022年6月26日(日) 礼拝

GVIC賛美チーム 織田師リードのもと会衆賛美がなされました。
会衆賛美  イエスの愛で / み使いのたたえ歌う
特別賛美  「父の涙」GVIC聖歌隊

メッセージ 「この方はどこにおられますか」 マタイの福音書2:1−12  セイゴ・タカヨシ師

先週末、家族でレストランで食事をしている時のことです。若い男女が隣の席に案内されました。様子から伺うと多分デートでありましょう。デート、婚約、そして結婚といい展開してもらいたいものです。しかし、結末どうなるか誰も読めません。私の頭の中には、(1)拒絶(2)無関心(3)関係、この3つの事柄が流れていました。

お二人のダートを目の前に見ながら、これは正しく人生の絵とも言えるものと考えました。人は何かを探しているのです、勿論、それぞれが違うものですが、ある人は仕事、関係、満足させるもの、幸福など、きりがありません。貴方は、今何を探していますか。貴方の心を満足させるものですか。【つづきを読む】


2022年7月10日(日) 礼拝 中村裕二・智恵子牧師夫妻をお迎えします。



証し | 宮良(みやら)恵美子 ~救いの証 4~

道仁の死と奨学金〜そして今・・

2007年5月レストランを閉めた私は、7月に次男の婚約者のご両親に会う事と私の慰労を兼ねて彼が旅費を出してくれたので一緒に日本へ行って来ました。

初めての二人旅、本当にうれしかったです。そんな幸せの絶頂の帰国後の8月3日、救急救命士をしていた彼が自動車事故で28歳という若さで突然天国へ行ってしまいました。

この事は、私の生涯で初めて体験した大きな悲しみと痛みでした。そんな中、息子の葬儀に参列してくださった、アメリカで出会った大勢の友人達から、彼が密度の濃い充実した人生を過ごした事を知ることが出来た事は、救いでした。【つづきを読む】


どこでも口ずさめ、神の歌

「ここも神の御国なれば」 賛美歌90  “This is My Father’s World”

「それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。私はキリストのためにすべてのものを捨てて、それらをちりあくたと思っています。それは、私には、キリストを得、また、 キリストの中にある者と認められ、」ピリピ3:8、9

本聖歌の作者であるウィル・トンプソンは、その素晴らしい音楽の才能から「オハイオの詩人」と謳われる人物でした。聖歌だけでなく一般向けにもたくさんの名作を残し、また数え切れないほどの作品集の編集や出版に携わりました。【つづきを読む】


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/