GVIC | July, 2021

ゴスペルベンチャーインターナショナル教会(GVIC)

2021年の教会標語:「そして主は彼を外に連れ出して言われた、『天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみなさい、』創世記15:5

「また彼に言われた、『あなたの子孫はあのようになるでしょう』と続きますが、短くして前半だけにします。後半があることを心にとめて下さい。



私たちの教会は2021年6月20日(日)から会堂をオープンし、共に礼拝を捧げています。

これまで、1年以上も共に礼拝も諸活動も禁じられましたが、こうして皆さんとお顔を合わせて神様を礼拝することが出来ますことを心待ちにしていました。皆さんのお祈りと忍耐を感謝致します。教会での礼拝再開に関してのご質問があれば、前原牧師および世話人会迄ご連絡下さい。 ハレルヤ!

前原利夫(GVIC・主任牧師)

出席者の安全のため、次の点を配慮して出席下さい。
1)礼拝開始時間:2021年6月20日、第3日曜日11時
2)教会員全員が出席するよう努力して下さい。

3) 下記の点を守りましょう:
*マスクの着用
ワクチンのまだの人は着用
ワクチンを済んだ人は自由
*手を洗いましょう! 会堂に入る時、帰る時(サニタイザー)
*握手、ハグの挨拶はしばらく控えて下さい。
*social distancing は3フィートに保つ
席もそのようにアレンジします

4)ライブ・オンライン・ZOOM礼拝は8月29日まで続けます。
5)礼拝後の交わ、茶菓は自主的に
*礼拝後、残りたい方はご自分で準備下さい。
*教会からは茶菓を準備します。(ランチの提供はありません)


2021年7月25日(日) 礼拝

7月25日の礼拝メッセージは高吉聖悟先生が、峯岸麻子姉の通訳で先週に続いてエペソ書4章1から16節をもとに分かりやすい例をあげてお話しくださいました。題は「Living a Worthy Life(召しにふさわしく生きる)」。

「エペソ書は2部に分かれますが、後半の始まる4章からは、クリスチャンとしての生き方の実践を見るとこができる箇所です。使徒パウロは神の恵と呼ぶにふさわしい生活を送るようにと、その恵を受けている私達に訴えているのです。その神の恵にふさわしい生活とは神の恵を獲得することではなく (それは誰も自分の力では得られるものではないのですが)その恵によって与えられる実を私達の生活の中で示すことなのです。

その実とは、謙遜、柔和、愛を持って互いに忍びあい、聖霊による一致を見るということです。(4;2,3)神は教会の一人ひとりがキリストの体なる教会のミニストリーに携わることができるように備えてくださるのです。」

今週のみ言葉は「さて、主にある囚人であるわたしは、あなたがたに勧める。あなたがたが召されたその召しにふさわしく歩き、」4章1節


「飛脚」コラム・前原利夫

キリストの高挙に与る聖徒たち

エペソ人への手紙1章20、21節

私達は6月から8月までエペソ人への手紙1章から6章までを礼拝メッセージとして学んでいます。エペソ書は結構難しい箇所もあり、特に前半は後半よりも更なる学びが要求されます。学者によってもテーマの取り方も違うが、1章10節が太極的な視点から好ましいと思われます。

「時がついに満ちて、実現します。いっさいのものがキリストにあって、天にあるもの地にあるものがこの方にあって、一つに集められるのです。」

時はついにきました。イエス様が栄光を受けるべき時、十字架の時がきました。この世の権力者は与えられた権力,武力によつて国民を一つにまとめ上げようとしますが、イエス様は十字架の贖い、十字架の愛によって世界を一つに集められます。世の権力と救い主の権力はここに違いがあります。

今号はあまり聞きなれない言葉「キリストの高挙」と言うテーマを考えてみます。そして、私たちもキリストの高挙に与る聖徒であるという特権を再認識しましょう。【つづきを読む】


証し | 西原ジュリー

記憶〜ひとは幼少期の記憶を鮮明に覚えているものだろうか?

~救いの証 1~

私は東京大田区の洗足池と言う都内でもかなり人気の高い池と春には桜が満開の公園が目の前に見渡せるそんな場所で生まれました。

すぐ近くに小さいけれど絵本に出てくるような教会があり両親が私を連れてそして大好きだった祖母も連れて礼拝に行っていた。覚えているのは会堂を駆け回る私を母や祖母が追いかけてはたしなめるシーンです。

繰り返し浮かんでくる思い出です。思えばそれが後に教会とそして神様と繋がる原点であったような気がします。しかし本当に神様を信じ救われる日が訪れるのはその日から長い長い年月の繰り返しの後の事でした。【つづきを読む】


どこでも口ずさめ、神の歌

「安けさは川のごとく」 聖歌 476 “It Is Well With My Soul”

「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。」 詩篇46:1

神の愛に対する絶対的な信頼によって、心に平安を得ることができるという事実は、成熟したクリスチャン信仰における現実的な証拠です。天の父に対するこのような確信によってのみ、作者のホレシオ・スパフォードは、胸が張り裂けるような悲劇を経験しながらも「全て安し、御神、共にませば」と言うことができたのです。

スパフォードは、シカゴで成功を収めた弁護士で4人の娘に恵まれ、長老教会の会員として活発に活動し、D.L.ムーディをはじめとする当時の指導者たちの誠実な友であり支援者として平穏で幸せな日々を過ごしていました。【つづきを読む】



Shilo Ben Hod and his beautiful praise team are coming from Israel will be performing at our Church on August 1, Sunday at 3 PM, located in Torrance, CA. If you are interested to attend, please message me, or my wife Ako’s message seating is limited to 90 seats. Hope & Restoration.


世界宣教は私たちの手と祈りで!

GVIC宣教支援団体: Food for The Hungry, バングラのBaby Ahkter、カンボジアのMakara Chhan (Child Sponsorship)、JEMS, Rev. Hideyo Ando (Japan), New Christian Music Ministry, Rev.Yuji Nakamura.


私たちのVisionと祈り

  • 英語部の充実:SSの充実
  • 若者への使命と情熱
  • ビジネスマンにも楽しい教会
  • 地域に応えるミニストリー
  • HBRの地域拡大

cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/