GVIC | October, 2021

ゴスペルベンチャーインターナショナル教会(GVIC)

2021年の教会標語:「そして主は彼を外に連れ出して言われた、『天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみなさい、』創世記15:5

「また彼に言われた、『あなたの子孫はあのようになるでしょう』と続きますが、短くして前半だけにします。後半があることを心にとめて下さい。


私たちの教会は会堂をオープンし、共に礼拝を捧げています。

これまで、1年以上も共に礼拝も諸活動も禁じられましたが、こうして皆さんとお顔を合わせて神様を礼拝することが出来ますことを心待ちにしていました。皆さんのお祈りと忍耐を感謝致します。教会での礼拝再開に関してのご質問があれば、前原牧師および世話人会迄ご連絡下さい。ハレルヤ!前原利夫(GVIC・主任牧師)

出席者の安全のため、次の点を配慮して出席下さい。
1)礼拝開始時間:毎週日曜日午前11時
2)教会員全員が出席するよう努力して下さい。

3) 下記の点を守りましょう:
*マスクの着用
*ワクチン未接種の人も、ワクチン接種済みの人もマスクの着用の徹底をお願いします。

*手を洗いましょう! 会堂に入る時、帰る時(サニタイザー)
*握手、ハグの挨拶は控えて下さい。
*social distancing は3フィートに保つ
席もそのようにアレンジします

4)ライブ・オンライン・ZOOM礼拝は続けます。
5)礼拝後の交わり、茶菓は自主的に
*礼拝後、残りたい方はご自分で準備下さい。
*教会からは茶菓子を準備します。(ランチの提供はありません)


2021年10月17日(日) 礼拝報告

礼拝は、NCM2の松尾姉の賛美によって始められ、メッセージは、李ロバート師による「主の癒しを受ける」という題でした。テキストは先週から引き続いて第1ペテロ2:24でした。

「私たちは、主に癒しを求めますが、必ずしも癒されるとは限らず、癒されないこともあるということ、そして、それも神さまの恵みだと語られました。

人は、皆、最終的には死にます。“死”は、私たち人類の究極的な”病い”ですが、イエス様は、その病い(死)を完全に癒してくださったのです。信仰者は、自分の肉体的な衰えを憂うのではなく、神さまが備えられた天の御国を肌に感じます。そしてそれが神さまの私たちへの究極的な”癒し”となるのです」

【今週のみ言葉】
「さらに、わたしたちが罪に死に、義に生きるために、十字架にかかって、私達の罪をご自分の身に負われた。その傷によって、あなたがたは、癒されたのである。」第1ペテロ2;24 


「飛脚」コラム・前原利夫

神の働きは完全


ヨハネの福音書2章は当時の結婚式の様子を伝え、若い2人の門出を祝福する4福音書の中でもここだけの記録であります。

他の福音書の中には賢い花嫁、愚かな花嫁が取り上げられ、再臨に備えた警告的な譬である。しかしここの2章の結婚式はカナと言う町、ガリラヤ湖から西に13、4KMに位置する小さな田舎で開かれた唯一麗しい結婚式の宴会である。

イエス様、弟子たちが招かれゲストになっているが、どのような関係であったかはわからない。ある伝説によれば、ここの花婿はヨハネ自身であるという説である。ヨハネの母はイエスの母マリヤの姉サロメであリ、イエスの一行は親戚の結婚式に出席していたことになりましょう。ーここは伝説ですー

イエス様がカナまで足を運ばれたと言うことは、あの忙しい伝道活動の中にあって、この結婚式がどんなに大事なイベントであったかを示しています。若者にとつて結婚式が超大事である事は言うまでもないが、神のご計画をこの結婚式を舞台に顕そうとされた最初のみ業がここにあります。【つづきを読む】


証し | 西原ジュリー ~救いの証 4~

目覚め

社会に出て月日が過ぎ去ったころ私にやっと教会に通う機会が訪れました。しかしそれは自分からの意思ではなく運転のできない母の送迎係として付いて行っていました。

牧師先生のお話もあまり耳にそして心に飛び込んでこないような状態でしたがそんな私にもやがて変化がありました。

夢ばかり追いかけていた学生時代とは違い社会に出てみると、苦しい事、悲しい事、人間関係、あらゆることで壁にぶち当たっていた私は聖書の中のいたる箇所にまさに当時私が直面していた悩み、苦しみに対する答えがあることを初めて知りました。【つづきを読む】


どこでも口ずさめ、神の歌

「勝利の主 イエスの名と」 賛美歌224 “Ye Servants of God, Your Master Proclaim”


 「彼らは、大声で叫んで言った。「救いは、 御座にある私たちの神にあり、小羊にある」 黙示録7:10

福音を述べ伝えるには、ひたむきで熱い霊の働きが必要です。福音が語られる目的は、それを聞く人が回心し、その人生に画期的な変化が生まれることを経験します。

聖書では、この変化を「新しく造られる」と表現しています。そしてこの変化の中では、回心者の中で自分とキリスト、教会、そして世界との関りが新しくそして意識的に変わります。

神への献身そして神に仕えるために他のことを犠牲にすることなく、自らを中心に考え続けているなら、その回心は全く意味を成しません。【つづきを読む】



世界宣教は私たちの手と祈りで!

GVIC宣教支援団体: Food for The Hungry, バングラのBaby Ahkter、カンボジアのMakara Chhan (Child Sponsorship)、JEMS, Rev. Hideyo Ando (Japan), New Christian Music Ministry, Rev.Yuji Nakamura.


私たちのVisionと祈り

  • 英語部の充実:SSの充実
  • 若者への使命と情熱
  • ビジネスマンにも楽しい教会
  • 地域に応えるミニストリー
  • HBRの地域拡大

cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/