GVIC | July, 2018

ゴスペルベンチャーインターナショナル教会(GVIC)

2018年の教会標語:

「彼はこの神、すなわち、死人を生かし、無から有を呼び出される神を信じたのである。」 ローマ人への手紙章4章17節


「飛脚」コラム・前原利夫

イザヤ書41:14

希望、それはイスラエルの聖なる方、贖う方です!

私達の”希望”という概念は、”こうあって欲しい、あ〜なって欲しい” という自分の好きなことを実現してもらう事ですね。もし、希望が叶わなければ、また次の機会に希望をつなげはいいのです。

人間は希望を頼りに生きている様な者です。たとえ、その希望が霧のように消え失せるような性格であっても、生活になくてはならい大切なエネルギー源です。しかし、ここで、み言葉が語る”希望”について考え、真の希望を知り、真の希望に生きたいものです。【つづきを読む】


救いの証 | サムエル北村

聖書読みの聖書知らず

先月号の本欄で私は日本のキリスト教について触れ、クリスチャン人口の少なさを嘆いたが、翻ってその日本のキリスト教に私はどう関わってきたのであろうかと、自問自答している。日本の諺に「論語読みの論語知らず」という言葉がある。

儒教の経典である論語をいくら読んでいても実行が伴わなければ役立たずであるという皮肉である。私は聖書読みの聖書知らずであったことを反省している。日本に長く住んでいて日本人の友人も沢山できたが、その友人達を教会に誘うことは一度も無かった。牧師の子でありながら宣教になんら手を貸すことは無かった。・・【つづきを読む】


どこでも口ずさめ、神の歌

「わが目を開きて」聖歌195 “Open My Eyes, That I May See”



Open My Eyes, That I May See – Hayes Barton Baptist Worship

「私の目を開いてください。私が、あなたのみおしえのうちにある奇しいことに目を留めるようにしてください。」詩篇 119:18

神の真理を正しく受け取るには、私たちの存在すべてが神のあらゆる働きかけに生きた反応をすること、そして神の働きかけにしっかりと注意を払うことが不可欠です。

もちろん、故意にあるいは大げさに神に逆らうクリスチャンなど、ほとんどいないでしょう。そうではなく、私たちは人生の細部にある神の導きに敏感に反応することを選ばない、すなわちシンプルに神に従わない道を選んでいるのです。【つづきを読む】


私たちの教会、GIVCのミッション・ステイトメント

「私たちの教会は、清い心と、国際的視野に立って、地域に奉仕、イエス・キリストの愛と赦しの福音を伝え、音楽を通して神を称え、そして互いに励まし合って、成長する事である」

世界宣教は私たちの手と祈りで!

GVIC宣教支援団体: Food for The Hungry, バングラのBaby Ahkter、カンボジアのMakara Chhan (Child Sponsorship)、JEMS, Rev. Hideyo Ando (Japan), NCM2(New Christian Music Ministry), Rev.Yuji Nakamura.


私たちのVisionと祈り

  • 英語部の充実:SSの充実
  • 若者への使命と情熱
  • ビジネスマンにも楽しい教会
  • 地域に応えるミニストリー
  • HBRの地域拡大

cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/