ゴスペルベンチャーインターナショナル教会 (GVIC) | November 2023

2023年11月30日

  2023年のみ言葉「見よ、わたしは新しいことを行う。今、それが芽生えている。」イザヤ43 :19




「飛脚」コラム | キム・明子

2023年11月から礼拝時間が変わりました! 

2023年11月月からGVICの礼拝時間が10時からのスタートになりました。

これにはいくつかの宣教ビジョンがあるのですが、その一つが「ユース礼拝」のスタートです。今まで私たちは若者の伝道!と祈って参りましたが、いよいよユース礼拝が始まります。これからプログラム、フライヤーなどを作成し、具体的に皆さんにご案内していきますので、若者伝道のために是非お祈りください。

いくつかの「宣教ビジョン」があると申しましたが、そこには「福音伝道」と「キリスト者として生きる学び(弟子訓練)」が必ずあります。これは大切な教会の働きです。聖霊様によらなければ、私たちは誰一人として、イエス様を主と告白できません。イエス様を信じることは私たちの説明や力説でどうにかなるものではないのです。

「世は自分の知恵で神を知ることができませんでした。それは神の知恵にかなっています。そこで神は、宣教という愚かな手段によって信じる者を救おうと、お考えになったのです。」  1コリント20:21 

私たちの教会では「GVICウクレレライフ」というグループが誕生いたしました。これはウクレ レ音楽を通してイエス様を伝えるという目的で信徒の方が立ち上がりました。日語部、英語部、ノンクリスチャンの方々が喜んで参加してくださっています。ハレルヤ。【つづきを読む】



【救いの証し】

救いの証(4) | ジョーンズ陽子

私は意を決して家庭集会に参加するのですが、当時の私には誰にも言えない苦しみがありました。そしてその苦しみが起因し主人との関係が難しく悩んでもいました。

息子を出産してすぐに第2子を妊娠するのですが、義兄との同居や苦しい経済状況の中、私の心は産後の手伝いに来てくれた母からの一言「産後すぐにまた妊娠するなんて恥ずかしいからね」が重くのしかかりました。最後の砦と思い主人に話しましたが、妊娠を喜ぶどころか、子供の父親は誰なんだ!と疑う態度・・・【つづきを読む】


どこでも口ずさめ、神の歌

聖歌440 十字架の上にて〜 “My Redeemer”


I Will Sing of My Redeemer with Lyrics by Fernando Ortega

「この方にあって私たちは、その血による贖い、罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによることです。この恵みを、神は私たちの上にあふれさせ、あらゆる知恵と思慮深さをもって、」 エペソ1:7、8

喜びに溢れた言葉がつづられている聖歌『十字架の上にて』ですが、この詩は、作者のフィリップ・ブリスが遭遇した列車事故の現場で発見されたものでした。

ブリスは、アメリカのゴスペル音楽黎明期にその成長に影響を与えた人物です。会衆賛美をリードする彼は、人間的にも素晴らしい人物として認められ、また、同僚からも高い評価を受けていました。ブリスと同時期に活躍した賛美歌作者のジョージ・ステビンは、ブリスについて、このように書いています。【つづきを読む】


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/