やがて天にて 聖歌 638 | “When We All Get to Heaven”

歌:安藤秀世
℗  2001 Maki Music Production, Inc.
【試聴】

「次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。こういうわけですから、このことばをもって互いに慰め合いなさい。」第一テサロニケ 5:17~18

あらゆる種族、言葉、国を超え、すべての人々が主に相まみえ、ともに「勝ち歌を歌わん」と歌う喜びの日。未だ地上にいる今日においても、私たちが神にささげる礼拝は、この喜びの日を味わうようなものでなければなりません。

この聖歌の作詞者、エリザ・ヒューイットは、フィラデルフィアに住む学校教師で、一般の信徒でありながらも、19世紀後半の日曜学校の普及に深く携わり尽力した人でした。

この時代に書かれた賛美や聖歌がそうであったように、エリザが歌を作ったのは、子供たちに福音の真理を伝えるためでした。メソジスト教会の修養会によく参加していた彼女は、そこでウィルソンはメソジスト派のフィラデルフィア教区長の妻であるエミリー・ウィルソンに出会い、彼女と共にこの老若男女に愛される聖歌を完成させました(初版の発表は1898年)。

神の家族が全員顔を合わせ、永遠に賛美を喜ぶ天国の日がどんなに素晴らしいものかを想像してみてください。その栄光に満ちた希望は、あなたの一日を明るくするでしょう。そしてその希望はまた、あなたを真実で信仰に篤く、信頼に値し、喜んで奉仕する人にし続けてくれるのです。

峯岸麻子

詩篇16:11、イザヤ35:10、ヨハネ14:2、3、Iコリント15:54-57参照
Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications, Grand Rapids, MI


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation