「天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる」 詩篇 19:1

一年の中で最も美しい月は5月であると考える人は多いのではないでしょうか。3月の風、4月の小雨が自然の中での掃除屋さんの役割を果たし、5月の地球は、神に与えられた自然の美しさのすべてを備えた姿を現します。

人類すべての中で、神の創造した世界を最も喜ぶべきはクリスチャンです。神の創造の業のすべてを科学的かつ十分に理解したり説明したりすることは、私たちには出来ないかもしれません。

それでも、私たちは確信をもって「われは天地の造り主、全能の父なる神を信ず」(使徒信条)、「信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り」(へブル11:3)と言うことが出来ます。神が造られた「果てしも知られぬ大空」の中に見られる神の驚嘆や不思議は、偉大な創造主に対する永遠の賛美を呼び起こすことでしょう。

聖書では、人間は神を知らないとは言えないと教えています。創造主は、外界においては自然の中に(ローマ1:19-21)、そして内面的には人の良心という形で(ローマ1:32、2:14・15)ご自身を現しています。しかし、人が真にそして完全に神を知ることは、イエス・キリストの働きによってのみ実現するのです(「神の栄光の輝き」へブル1:3)。

『果ても知られぬ』は、イギリスで著名な著述家のジョセフ・アディソンによって書かれたもので、賛美として発表される前に書かれたエッセイの内容を元にしています。

その前書きで、彼は自分の作品について「果ても知らぬ存在は、ご自身の実在を天地創造の中で最高の立論を展開されている」と述べています。この賛美の初出は1712年、『スペクター紙』で行われました。

峯岸麻子

創世記1:1-19、詩篇19:1-6、イザヤ40:26、ローマ1:20、へブル11:1-4参照
         
Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,
Published by Kregel Publications, Grand Rapids, MI 
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation