どこでも口ずさめ、神の歌

Guide me, O Thou Great Jehovah

「あなたこそ、私の巌、私のとりでです。 あなたの御名のゆえに、私を導き、私を伴ってください」

クリスチャンにとって重要なことのひとつは、神

どこでも口ずさめ、神の歌

We Three Kings of Orient Are

「そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。」(マタイ2

どこでも口ずさめ、神の歌

「人は耕し」 聖歌324 |“We Plow the Fields, and Scatter”

「とはいえ、ご自身のことをあかししないでおられたのではありません。すなわち、恵みをもって、天から雨を降らせ、実りの季

どこでも口ずさめ、神の歌

「主よ、あなたはわが神、わたしはあなたを あがめ、み名をほめたたえる・・・」イザヤ書25章1節

使徒パウロは第一コリント人への手紙14章15節で” わたしは霊で祈ると共に、知性でも祈ろう。と、語っています。

「 ...

どこでも口ずさめ、神の歌

SWEET HOUR OF PRAYER. (Acappella)

貧しい人はいない、祈りで神の宝庫を開くことできるからだ By Louis Pal Lehman

時代を超え、熱心なクリスチャンは神がお定めになった

どこでも口ずさめ、神の歌

この聖歌はGeorge Barnard( 1837 – 1958)の作詞、作曲でできた素晴らしい聖歌で多くのクリスチャンの間で歌われています。バーナード師はサルベーション・アーミーで仕えたが、8年後に、メソジスト聖公会教会 ...

どこでも口ずさめ、神の歌

Greg Allen(1812ー1877)が作曲したこの歌に、Thomas Dorsey(1899ー1993)が
「Precious Lord, take my hand」の歌詞を創作しました。Dorsey氏は妻と幼児の息子の ...

どこでも口ずさめ、神の歌

「十字架のかげに」 聖歌396の賛美は教会でもよく歌う賛美の一つでFanny Crosbyの作詞です。

十字架はサタン、死、そして地獄に勝った最高の勝利です。イエスが十字架の上で”すべては終わった”と叫ばれた時、それは王と ...

どこでも口ずさめ、神の歌

聖歌には母を称える歌が2曲あり、上記の「愛する母うえ」はアメリカの国歌の曲と同じでポピュラーです。この曲は Samuel Ward氏の作曲、Katharine Lee Bates女史が作詩して国歌とし、今日歌われているのはご存知の通り ...

どこでも口ずさめ、神の歌

「静まって、わたしこそ神であることを知れ。わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる。」詩篇46篇10節

安かれ、わがこころよ (賛美歌298) Be Still, My Soul

霊的覚醒はいつの時代にも ...