The Isaacs – Does Jesus Care? [Live]

「また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」 マタイ 28:20

神は私たちが喜ぶときにはささやき、痛むときには叫ばれる。 C.S. ルイス

神の子供たちは、時に不思議に思うことがあります。傷ついているとき、とても重い重荷を抱えているとき、暗い経験をしているとき、抗えないような誘惑にあったとき、愛する人との別れのとき、主は本当に私たちのことを気にかけてくださっているのだろうか?

この讃美歌を書いたフランク・E・グレフも、こうした思いを知っている人でした。しかしグレフは、「私の救い主は、私を思ってくださっている!」と、その疑問に声高らかに答えています。

グレフは、メソジスト教団のフィラデルフィア教区では知られた存在でした。そのにぎやかで愛嬌のある性格で、「お日さま牧師」として親しまれた人です。しかし、そのグレフが非常に厳しい数多くの試練をくぐって来たことを知る人はあまりいません。

激しい体の痛み、疑い、落胆・・・。そんなとき、彼は慰めと力を求め、御言葉に頼りました。「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです」という第一ペテロ5:7は、辛い時のグレフにとって特に意味のある聖句でした。

『神なく望みなく』は、そんな彼が得た確信を書き記したものです。200を超える賛美歌を書いたグレフ。その中でも、私たちに一番の慰めを与えてくれるのが、この作品の歌詞でしょう。

峯岸麻子

詩篇28:7、42:8、イザヤ26:4、
マルコ5:36、Iペテロ5:7参照
Taken from [Amazing Grace] © Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation