私は、祖母と母がクリスチャンでしたので、幼い頃から毎週日曜学校に通っていました。そこでは聖書の話しを聞いたり、聖句を暗証したりしていました。また、クリスマスにはイエス様ご降誕の劇をしたり、イースターの時には卵をもらったりしていました。

でも、当時は信仰がありませんでしたので、教会では聖書を開いたりしましたが、家では全く読んでいませんでした。聖書は、ただ教会に行く時に持って行く本だと思っていました。聖書の約6割は物語ですが、私はそれらの話しを聞くときも決して真実だとは思わず、ただ昔話しのように聞いていました。それは、週に1度せっかく教会で創造論について習っても、残り6日は学校で進化論の教育を受けていたからでした。

信仰を持たずに通っていた教会だったので、高校入学以降あまり出席しなくなり、だんだん教会から離れて行くようになりました。行きたくなくなった理由としては、まず世間の常識に反する聖書の教えに同意することが出来なかったからでした。例えば、マタイ5章44節の「敵を愛しなさい」、使徒行伝20章35節の「受けるよりは与える方が幸いである」などでしたが、いつも何故だろう?と疑問に思っていました。

次に、クリスチャンは、とても窮屈だと思っていたからでした。聖書に出てくる神様の命令や律法をすべて守らないといけないと思い違いをしていたので、自分のしたい事ができず、したくない事をさせられると思っていたからでした。

最後の理由としては、教会で聞く話しがとても正気では信じられない事だったからでした。2000年前にイエスと言う人が十字架の上で亡くなった。それは自分の罪の為。その事実を信じて受け入れるなら天国に行き、そうでなければ地獄に行く。この教理をずっと理解できずにいました。

それに2000年前に亡くなったその人と自分が何の関係があるのか?も全く分かりませんでした。だから、ずっと洗礼も受ける気にはなりませんでした。  

川口朋子


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation