私とGVIC (2) | 榎 道子

2024年5月7日

夫の仕事の関係で、結婚一年後の1979年8月に私達は他の家族と共にアメリカロサンジェルスに移り住みました。ダウンタウン7th とグランドの土地に建設された4階建て大型日本食レストランの開店前には、地元企業の方達を招待して大々的にお披露目のオープニングパーテイーが開かれました。

私もその頃から仕事に駆り出され、和服でデイナータイムのサーバーの仕事をし、後にブックキーピングの仕事に移りました。

二人目の子供の出産を機にレストランでの仕事を辞め、旅行会社の仕事に就いたのが35歳の時(息子達が3歳と1歳)でした。会社は航空券のホールセラーで、色んな部署が有る中のJapanese Deskでした。

主婦、子育てに明け暮れ、常に時間との戦いにあったものの、生活の土台が出来たのは、二人の信頼できるベイビーシッターに恵まれたからでした。長男の時は香港生まれの中国人女性(看護婦の経験あり)、次男の時はアパートマネージャーの奥さんでメキシコ人。

いずれも彼女達の方からやらせて欲しいと持ち掛けられ、半ば追い立てられるように産後間もない頃からフルタイムの職に就き、仕事に没頭している自分がいました。

二人の息子達はいつの間にやら成長し、それぞれ家庭を持ち子宝にも恵まれたわけですが、私自身仕事の思い出は沢山あっても、彼らの幼児期の頃の思い出がとても希薄です。

現在この年齢になって週二日長男夫婦の子供を預かることで子育てのおさらいをするという、新鮮な感覚を味わっています。

さて息子達も成長し、夫と共に始めて以来ずっと続けてきたのがコーラスです。以前黒澤倫子指導者によるMessiah (メサイヤ)を歌うグループに属していた私達は、あるクリスマスの時期に男女30名以上のメンバーと共にGVICを訪れる機会がありました。

その当時の教会に対する私のイメージは、自分の生活とはかけ離れた場所であり、自分は単にメサイヤを歌いに教会に来ただけという思いしかありませんでした。

練習場所やコンサート会場に教会が用いられることが多いにも関わらず、コーラスメンバーでクリスチャンというのは、意外と少ないのです。

榎 道子


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/