2022年5月29日(日) 午前 11:00 礼拝

GVIC賛美チーム
織田師リードのもと会衆賛美がなされました。
会衆賛美
歌おう、主の愛を I could sing of your love
高らかにほめよ We will glorify the King
特別賛美
GVIC聖歌隊「安かれわが心よ (賛美歌298番)」 Be still my soul

メッセージ
「生ける水とまことの礼拝」 ヨハネの福音書4:4−42   キム明子姉

イエス様とその一行はユダヤからガリラヤへ向かうのに、サマリアを通って行かなければならなかった。と言う記事から、
サマリアの女とイエス様の会話を通して、イエス様がなぜサマリアへ行ったのかを考えます。
1)サマリアの女の救いのためであった。
2)サマリアの女が生ける水を知るためだった。
3)サマリアの女がまことの礼拝者となるためだった。

ユダヤ人とサマリア人は敵対関係にあるので、通常はユダヤ人がサマリアの町を通ることはしません。しかしイエス様はあえて、サマリアの町へ行き、一人の女性が人気を避けて井戸に水を汲んでいるところに声をかけます。彼女はイエス様との会話の中で、イエス様、メシアと出会い、心のうちから湧き出る命の水、生ける水を受け取ります。

まことの礼拝をイエス様から教えてもらうと、町に出ていき、人々に証します。そこで、サマリアの多くの人々がイエス様を信じるというお話し。主の救いのご計画は偉大です。このお方のご計画の中に私たちも置かれています。

今週のみ言葉
「彼らはその女に言った。「もう私たちは、あなたが話したことによって信じているのではありません。
自分で聞いて、この方が本当に世の救い主だと分かったのです。」ヨハネの福音書4:42