聖歌249「過ぎにし昔も」“O God, Our Help in Ages Past”

「主よ。あなたは代々にわたって私たちの住まいです。山々が生まれる前から、あなたが地と世界とを生み出す前から、まことに、とこしえからとこしえまであなたは神です。」詩篇90:1-2

新年の始まりに何も感じない人はいないでしょう。私たちはみんな多くの疑問や懸念を持って、この先何が起きるか分からない未来の入り口である新年の始まりを迎えるのです。

この賛美に書かれているのは、詩篇90篇を要約した「時」の神秘です。時に「イギリス賛美の父」と呼ばれるアイザック・ワッツによる600にも及ぶ賛美の中で、最も有名であり、最も素晴らしい作品のひとつとして広く認められています。

当時の会衆賛美は、重厚な韻律の詩篇を歌うだけでした。聖句以外の言葉を使って賛美することは、神に失礼であると考えられていたのです。若い時から、詩作における大きな才能を開花させていたワッツは、この英語教会の会衆賛美に関して徐々に問題を感じるようになったのです。

父親から「もっと歌いやすい賛美を書いてみてはどうだ」と頼まれたワッツは、25歳の若さで新しいスタイルの賛美歌集を出版します。

その中におさめられたこの曲は詩篇を元に書かれた聖歌であり、今日も広く歌われています。250年を経た今も、ワッツのこの賛美は、神の誠実なご性質を映し出す過去、そして未来に対する神の確実な約束を、時宣にかない、私たちに教えてくれるのです。

詩篇33:20、48:14、90、イザヤ26:4参照

峯岸麻子

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications, Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.   


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation