「そして、御言を行う人になりなさい。、、、」
ヤコブの手紙1章22節

新年おめでとうございます!
新しい2019年は冒頭のみ言葉をご一緒に実行する者として成長したいと願います。

”行う人”になるには、それなりの意思強固、信仰が求められます。 「言わ易く、行いは難く」と言われるとおりです。言行不一致ではこの世の中では通用しません。不言実行型でなければなりません。

成功の秘訣をご披露:以前、こんなビジネスセミナーが大阪のホテルであったそうです。セミナーの講師は成功した家具店の社長、当然聞きに来た多くの出席者は同業者の家具店を経営している競争会社の人達であった。

講師は彼の経営理念、その成功の秘訣を一つ一つ丁寧に競争会社を前にご披露した。同業者たちは大変感動してセミナーに聞きいったという。セミナーが終わり記者会見となりました。「大勢の同業者、競争会社の前でどうして成功の秘訣を教えたんですか。御社に影響すると思いませんか」と記者が質問しました。講師は答えました「秘訣を聞いても、皆な実行しないから心配ないよ。」と。

賢い人、愚かな人:イエス様は山上の説教(マタイ5〜7章)で「、、、であれ」「、、、であれ」と何度も何度も繰り返します。それは私たちの霊的な状態を整えなさいということです。しかし、説教の結びである7章では、わたしの話を聞いても行わない者は「砂の上に自分の家を建てた愚かな人」と呼んでおられる。イエス様が説教を終わられると群衆はその教えに感動して、律法学者のようではなく、権威ある者のようだと教えを称賛した。

けれど、教えの素晴らしさを称賛しても、群衆の中から何人がイエス様を信じたでしょうか。また、イエス様はこうも言われた「それで、わたしのこれらの言葉を聞いて行うものを、岩の上に自分の家を建てた賢い人」と呼んでいる。

 成功したいと願いながら、その秘訣を聞き、教えられても実行しない人は確かに愚かな人です。成功の機会が与えられているが実行しない。神の国に招かれ、門が開かれ、救いの道が開かれているのにすすみ入ろうとしないなら、私達は確かに愚か者とよばれるであろう。

父が望む子供:イエス様はパリサイ人にむかいこんな譬を語られた(マタイ21章参照)。ぶどう園を経営しているお父さんに二人の子供がいて、兄にぶどう園で働けと言いました。兄は「おとうさん、参ります」と生きのいい返事したが、でも行きませんでした。弟は「いやです」と断ったが、心を変えて、ぶどう園に向かいました。父の望み通りにした子は誰かいうまでもない。

  ”そして”の接続詞:冒頭のみ言葉を考えてみましょう。「そして、御言を行う人になりなさい、、、」。 ”そして”という接続詞があるのは大事な点です。この”そして”は前の節から続き、繋がっているという意味ですね。前節を読みますと、一つは「心に植えつけられている御言を、すなおに受け入れなさい」とあります。明らかに、神の言葉の種が蒔かれたクリスチャンの心です。従って、行う人は心に蒔かれたみ言葉に従って事を行うべき、これが原則になります。

心の中にあるみ言葉を無視したり鎮圧してはなりません。もう一つは、「御言には、あなたがたのたましいを救う力がある・」とあります。ですから、自らの魂を損なうような行いではなく、魂を救いに導く行いでなけれななりません。ここで、まとめると魂に蓄えられたみ言葉に従い、救いに至るような行いが求められていると解釈できよう。

「そして、御言を行う人になりなさい。」この言葉に「おのれを欺いて、ただ聞くだけの者となってはならない。」と続きます。聞いて実行しない人をおのれを欺く人だとヤコブは厳しく諭します。聞いた言葉がたとえ自分の益になる事でも、それをしっかり実行する人は少ないです。 イエス様はこのような人を愚かな人と言っておられる。愚かになりたくありません!

新年、今年こそ、御言を行う者となりましょう、一人で頑張らずに、お互い助け合い、励し合い、御言を行う賢い人となりたく願います。

Happy New Year 2019!
              
前原利夫


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation