I Heard The Voice of Jesus Say (Kingsfold) – Audrey Assad

「ああ。渇いている者はみな、水を求めて出て来い。金のない者も。さあ、穀物を買って食べよ。さあ、金を払わないで、穀物を買い、代価を払わないで、ぶどう酒と乳を買え。」 イザヤ 55:1

キリスト教福音書の中心にあるのは「来なさい」という優しい語りかけの言葉です。その人に福音が語られ始めた瞬間から、神の永遠の栄光を理解するその時まで、救い主は「来なさい」という招きの言葉をかけ続けてくださっています。この恵み深い「来なさい」という言葉は、聖書の中に500回以上、記されています。

ホレイシャス・ボナーが紡ぎだすこの美しい賛美歌の歌詞は、私たちに平安なる思いそして小躍りしたくなるような喜びを与えてくれます。イエス様の声に応えながら歩く人生。本作の詩は、その人生の旅路に差し込む神秘の光と共に歩く自らの姿を連想させ、私たちに穏やかな気持ちを与えてくれます。

ボナーは19世紀のスコットランドで最も才能と影響力のある伝道者および文筆家でした。ボナーが残した600を超える作品の中でも最高傑作と考えられている本作は、彼がスコットランドのケルソーにある長老派教会で牧会をしている時に誕生しました。

ボナーはキリストの御業と人格における真理を子供たちに伝えることを常に大切に考えており、本作も子供向けの賛美として作られたものです。最初に発表された1846年以来、イエス様の中にある喜びに満ちた休息と復活というこの賛美歌のテーマは、世界中の人々に愛されてきています。

峯岸麻子    

イザヤ55:1-3、マタイ11:28、ヨハネ4:14、8:12、黙示3:20参照
Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,
Published by Kregel Publications, Grand Rapids, MI 
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.



ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation