私達の”希望”という概念は、”こうあって欲しい、あ〜なって欲しい” という自分の好きなことを実現してもらう事ですね。もし、希望が叶わなければ、また次の機会に希望をつなげはいいのです。

人間は希望を頼りに生きている様な者です。たとえ、その希望が霧のように消え失せるような性格であっても、生活になくてはならい大切なエネルギー源です。しかし、ここで、み言葉が語る”希望”について考え、真の希望を知り、真の希望に生きたいものです。

1. 希望の永遠性:

第一コリント13章は信仰、希望と愛は永遠であると教えます。これらの3つが永遠であることはそこに霊的要素があり、神的要素があるからです。翻って、神的以外に永遠性はないし、霊的以外に永遠性はないでしょう。

イザヤ書の41章は、私達を贖い、助けて下さる希望がイスラエルの聖者であると教えます。イスラエルの聖者の事をMiqweh Israel、イスラエルの希望と言うそうです。即ち、神ご自身が希望そのものです。

この希望は霧の様に消え去ることはありません。私達は永遠性のない希望を懸命に求めていることに気が付かなければなりません。

イザヤ書41:14「主は言われる、虫にひとしいヤコブよ、イスラエルの人々よ、恐れてはならない。わたしはあなたを助ける。あなたをあがなう者はイスラエルの聖者である。」(”Your redeemer, the Holy One of  Israel” )

エレミヤ書14:7「イスラエルの望みなる主よ、悩みの時の救い主よ。”同17:13「またイスラエルの望みである主よ、あなたを捨てる者はみな恥をかき、、」
 

2. 信仰の先輩達の希望:

聖書の中で’神の友”と呼ばれた人物は2人だけアブラハムとモーセであったと思います。2人の信仰を見ると比例ない信仰の賜物が与えられています。モーセは敢えてこの世の富、名声、エジプトの栄光を塵芥のように捨てました。

それは、イスラエルの希望のゆえ、即ち来るべきメシヤを待ち望んだからであります。このイスラエルの希望のゆえに、艱難、苦難、数々の苦難を耐え忍び、キリストのゆえの艱難をも甘んじて受けたのです。

パウロもしかりです。ローマ書5:2「そして、神の栄光にあずかる希望をもって喜んでいる」

パウロの希望は私達が希望と呼ぶような希望ではない。コリント第一の手紙13章では、おぼろげな神ではない、おぼろげなキリストではい、やがて、はっきりと完全なお方にお会いする希望に燃えている。アグリッパ王の前で弁明するパウロは「王よ、この希望のゆえに、わたしはユダヤ人から訴えられています。」と弁明。 (使徒行伝25:7)
  
私達の希望を確かめようではありりせんか。み言葉の希望は、今作り上げられたばかりの希望ではない、永遠から存在する希望です。この希望から全ての良きものが創造されるのです。この方に置く希望こそ、揺るぎない希望、先輩の先人たちはこの希望のゆえに生きる意味を見つけたのです。この希望が忍耐を授け、力を授けて、永遠に生かし続けて下さる希望です。

私達の希望はMiqweh of Israel、我らの希望、主のイエスキリスト!

前原利夫


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation