「神われらと共にいます。」 マタイの福音書1章23節

今号は、昨年病室で迎えたクリスマスの体験に証を織り込んでご紹介したいと思います。

1ヶ月以上も経って ” Merry Christmas” と挨拶しても白けてしまいます。しかし、クリスマスの本質は”インマニュエル”、”神われらと共にいます”ですから、本質的には毎日がクリスマスです。冒頭、理屈をこねて申し訳ありません。

クリスマス、25日の真夜中、12時をまわった頃、ベットの上で目が覚めた。病室の1日は長い、特に夜はもっと長く感じるものだ。目覚めは排出物の処理で、自然に目覚めるのはとても気持ちのいいものだ。ベットの足元にナースエイドが微笑みを浮かべるように立っている、”クリスマスの朝だよ”、と小さな声をかけてくれた。カーテンで仕切られた隣の人を配慮した声だ。あ〜、クリスマスの朝か。 即座に、野宿していたベツレヘムの羊飼いたちの姿を心の思うままに想像した。

寒かったであろうな〜、天使からキリスト誕生のみ告げを受けた時、羊飼い達のあの驚きの顔、顔、顔、何を捧げて礼拝しようと思ったのであろうか、等。彼等は何か貰えるかな〜と決して考えなかったであろう。キリスト誕生そのものが大きな贈り物なのだから。私は、神様からのプレゼントは何であろうか、と色々数え始めた。

6時半頃になると、ドヤドヤとナース達がバイタル・サイン vital sign(体温、脈、血糖値、血圧等)のチェック・アップで病室に入って来る。”Merry Christmas “, “Merry Christmas” と大きな声、廊下からもナースたちが、弾んだ声でクリスマスの挨拶だ。朝食がすみ、昼になっても病室は”Merry Christmas”の声で賑やかである。この病室にクリスマスが生きている、そんな感じの賑やかさであった。

最近は、メリークリスマスを放棄して、 ” Holiday Seasons”を挨拶代わりにしている人が多いが、これは世俗化の流れだ。クリスマス・カードに Merry Christmas とプリントしてあったら、買わないと一時非買運動があったのは最近のことだ。

私達は世俗化の流れに迎合してはならない(ローマ書12章2節)。クリスチャンの中にも Holiday Seasons でカードの交換を見るが、それは気が付かずにしていることであろうか。何しろ、世俗化は気が付かないうちに生活の中に忍び込んで来るものだ。

昨年暮の手術でクリスマスと元旦を病室で過ごすことになった。初めての体験だ。睦子とも、娘達や孫達との楽しいひと時も、退院してからと延期することになった。前日はクリスマス礼拝、そして祝会と兄弟姉妹達との一年に一度の楽しい交わりも来年に持ち越されることになった。しかし、神様は病室の中でも沢山の祝福、励ましを贈って下さった。

12月19日の術後、確か8日目であったと記憶しているが、ベットの上で着替えている時のことだった。自分の足を見て、ビックリ驚いた。いつもの両足のむくれが全くない。むくれのないきれいな足だ。2年半、このむくれの原因を数々の医者に問いただしてきたが、皆んな、まちまちの見解、また適切な治療法もなかった。2015年7月前の自分のオリジナルの足だ。これはクリスマスの大きなプレゼントに違いない。一際、感動ものだ。座り続けるとむくれるが、動き出すとなくなるので、やがてオリジナルに戻っていくであろうと希望が大きい。

三人であろうと言われる東方からの博士達は、キリストの誕生数年後に幼子キリストを探し当てて礼拝したのだ。羊飼い達も誕生の場所を探し当てるのに数日はかかったかもしれない。福音書は誕生したその日にキリストを礼拝したという明確な記事を残してない。それは、マリヤとヨセフの特権であった。

イエス様を信じる人には、毎日が Merry Christmas だ!

心から”クリスマスおめでとう”

前原利夫


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation