昭和初期に父は日本とアメリカの神学校を卒業して最初に赴任した教会はハワイのマウイ島パイア教会であった。私はその田舎町で生まれたが、当時のハワイはまだアメリカの属領(territory)であった。

マウイ島はサトウキビの耕作が盛んで日本人移民のプランテーションがあちこちにあった。そのため、教会やお寺が建てられ宗教活動が行われていた。幼な友達には日本人の子供たちが大勢いた。

せっかく仲のよかった友達と別れる時がきたのは父のハワイ島パパイコウ教会への転任のためであった。やがて小学校に入学し、白人の友達もでき、日曜学校にもくる友達も増えていった。子供心にも賛美歌を共に歌える喜びは大きかった。

そして、今なお忘れられないことは、私のクリスチャン ネームの由来である旧約聖書の預言者サムエル(注1)の少年時代の複製画(注2)が私のベッドルームに飾られていたことである。正座して祈りを捧げる少年の姿は印象的であった。

もう一つ忘れられなかったことは、生徒たちは裸足で学校に通っていたことである。冬のないハワイならではの習慣であった。その冬知らずのハワイにも別れる時が来た。父の日本への転任が決まったからだ。

友達との別れ、教師との別れ、まだ見ぬ日本への移住は子供にとっては大きなショックであった。せっかく身についてきた英語で考える習慣、英語で歌う賛美歌、英語で読む聖書があっというまもなく、飛び散った感じであった。

しかし、牧師の子にとって、日曜学校は生活の一部であり、賛美歌はまるで子守唄のように思えた。そんな環境はそのまま日本にも延長された。

ただ大きく変わったことは英語社会が遠ざかり、裸足が靴に変わり、ベッドが布団に変わったことだった。父の日本での最初の赴任先は沖縄県那覇中央メソジスト教会であった。かくして私の第2の祖国での生活が日本の最南端から始まった。

サムエル北村

注1: 旧約聖書サムエル記第1:3章1〜21
注2: 「幼きサムエル」と題されたこの油絵は英国18世紀の画家、ジョシュア レイノルズの傑作の一つとされている


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation