以前、教会は”墓地”を必要としませんか、と問われたことが度々ありましたが、必要ですが、教会に墓地用の土地はなく、また、今の教会の土地に墓地は建てられない、更に資金の問題があり、教会が墓地を所有することは現実的な話ではないと考えていました。

ところが、4、5ヶ月前にある兄弟から、教会でも墓地を所有したらどうですか、地域の伝道にプラスになり、また、そのための基金$30,000 を捧げます。という全く予期せぬ申し出を受けました。誰でも、お墓の要らない人はいません。私はこの申し出は、素晴らしい、話を具体化すべきと、世話人会と協議を始めました。

  

1.「教会墓地伝道」:  

日本では、教会が墓地を所有することは大事な伝道戦略と聞きました。2014年、アジアン・アクセスの役員会が松島町で開かれた時、震災後の地域の教会巡りを致しました。その時に、地域の伝道に何が必要か、今必要なものは何かというテーマがあり、真っ先に出たのがこの「教会墓地」の建立でした。

地域の高齢者たちが、お寺に属している一つの理由は、死んだ後にお寺の墓に入れて貰える、ということでした。ところが、戒名を貰うのに 100万から500万円かかり、そのようなお金は出せない、という悲痛の声がありました。これでは、お金持ちは墓に入れるが、お金のない人は墓に入れない、という死んでも死ねない、と言うのです。その教会の牧師は 500万円あれば、教会敷地内にお墓が立てられる、何とか助けて下さいと訴えるのです。勿論、その牧師は高齢者にターゲットを絞った伝道を目論んでの事でした。

先日、安藤秀世先生(私たちもサポートしている)の宣教レポートに「教会墓地」を伝道戦略として、真剣に取り組むべきだと、書いてありました。

    

2. GVICの教会墓地の取得は可能か:

世話人会はこの申し出を真剣に受け止め、祈り、そして、キム師をPVの Green Hillsセメトリーの調査にお願いしました。そして、幾つかのオプションをビデオで見させてもらいました。先生自身は、教会とGreen Hillsの仲介が出来るように、ライセンスの申請中で、近日中に取得予定とのこと。

仮見積は$100,000前後で、20-25骨壷が収納可能な広さが取得できそうだ、との報告です。現在、前述の兄弟の$30,000、そしてあと2人の方がそれぞれ$10,000を捧げると申し出を受けています。残りの$50,000は教会の希望者から集める事になりましょう。

これらに関するガイドラインを作成しますが、どうか、ご自分のお墓のない方は、この計画を覚えて、お祈り下さい。

    

3. ガイドラインのドラフト:

教会墓地の必要性は年々高まります。GVICの信徒の年齢層を見ますと、それは明らかです。教会墓地は伝道のためにも活用できますが、イースターやベテランズデーに、教会墓地で記念会を開くことも可能です。そこで、在りし日の兄弟姉妹を偲び、賛美、祈り、交わりの一時を持つことが可能です。

しかし、収納量が小さく限られていますから、すべての希望者が予約を入れることは出来ませんので、何がしかの優先順位を定めなければなりません。例えば、教会の牧師、予約購入者、その他、検討の対象となりましょう。どうか、このプロジェクトが祝福となりますよう、お祈り下さい。ガイドラインができましたら、皆様にご報告致します。もし、ご興味のある方は前原師までコンタクト下さい。

アブラハムの妻サラは127才で天に召されます。アブラハムはエフロンという人から、墓地を買い取りサラを葬ります(創世記23章参照)。エフロンは墓地を無償で提供したが、アブラハムは敢えて断り、マーケット・バリューの値段を払って買います。アブラハムは175才で妻サラの墓地に葬られます。

では、長男イサク、孫のヤコブの墓地も見つけて下さい。

前原利夫

PS:4月8日の礼拝後に本件をご説明いたします。

前原利夫


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation