今年のイースターは4月1日にあたります。エプリル・フールではありません。

パームサンデーは1週間前の3月25日です。メシヤ・キリストは厳しい試みの1週間から、翌週、復活の栄光に引き上げられる。四福音書はメシヤの苦難の十字架と勝利の復活を漏らさずに記録している。十字架と復活はキリスト教のエッセンス。今号はイースターを前に、四福音書を並置し、比べ、この驚くべき復活のメッセージを探してみましょう。

1.弟子不在の復活の墓:

四福音書を調べて、先ず驚く事は、11人の弟子たちがイエス様が葬られ、甦られた墓近くにいなかったことです。マタイの福音書は弟子達が復活のイエス様に最初に会ったのは、復活の墓から遠くガリラヤであるという印象を与えます。

ルカの福音書は女性達に促されて、ペテロは墓に走ってきて、かがんで墓の中を見た、とある。他の使徒達は、復活は愚かな話のように思えて、空っぽになった墓を見に行こうともしませんでした。

ヨハネの福音書はマグダラのマリヤに言われて、ペテロとヨハネが墓の中を点検したと、記録しています。マルコもヨハネも、イエス様ご自身が、弟子達のいるところを探し当ています。弟子たの積極さが見えない。弟子不在とは、弟子たちが主の復活を信じ、墓まで行き、主が甦られたことを確認し、福音として世に証し、語らなかったことでした。

この弟子不在は、彼らの十字架と復活に対する心と思いを即表しているのです。弟子たちが、復活のメッセージを受け、それを最初に語ることが自然のような気がしますが。 勿論、この弟子たちの姿勢は、ペンテコステの体験で、一変します。

2.女性たちが主人公:

マグダラのマリヤ、ヨハンナ、ヤコブの母マリヤ、これらの女性たちの存在は際立ったものでした。弟子たちがなすべき事を、彼女たちは成し遂げました。イエスの死体が十字架から取りおろされるまで、最後まで見届け、納められた墓を見届けたのはこの女性たちであり、最初に復活のメッセージを受けたのも彼女たちでした。

弟子たちは自らの不信仰とユダヤ人からの迫害を恐れて、逃隠れするのが精一杯であたのであったでしょう。それにしても、神様は、思わぬところで、アリマタヤのヨセフやニコデモをご自分の栄光のために用いられました。ガリラヤの田舎の女性たちが、訓練された弟子たちに代わり、この大事な時に主人公の役割を演ずるのは、なんとも頼もしい限りではないでしょうか。

神様は私たちのような小さい名も無い者をも、これという大事なときに、ご自分の栄光のために用いられることでしょう。タイトルに拘らず、小さな奉仕をも大事にしたいものです。

3.復活のメッセージ:

共感福音書(マタイ、マルコ、ルカ)は”よみがえられた”と一番大事な言葉がメッセージとなっている。マタイは「急いで行って、弟子たちにこう伝えなさい、『イエスは死人の中からよみがえられた』」と御使いは女性たちに告げています。マルコは「イエスはよみがってここにはおられない。

ごらんなさい。ここがお納めした場所である。」、ルカは「その方はここにはおられない。よみがえられたのだ。、、」と。ヨハネは「弟子たちは主を見て喜んだ。」と、よみがえられたイエス様を拝し、喜びに包まれたのです。今日、私たちに大切なメッセージは誰でも、福音を伝えなければならない緊急性なのではないでしょうか。

この福音の勝利と喜びを”急いで行って”伝えるべきである。このメッセージが弟子たちに語られず、敢えてガリラヤの女性たちに語られたのは、牧師、伝道師、宣教師だけに委ねられた復活のメッセージではなく、全ての信徒に委ねられたと考えるべきでしょう。

パウロは彼の遺言書と言われるテモテ第二の手紙で”御言葉を宣べ伝えなさい。ときが 良くてもわるくても、、、”(4章)。私たちは主を見て喜ぼう!
鳥瞰的に福音書を読むと、弟子達が小さく見え、ガリラヤの女性達がクローズアップされてくる。復活の喜びを”急いで行って、伝えたのが女性たちであった。私たちも急いで行って、隣の人に甦りのイエス様をお伝えしようではありませんか。

イースター、おめでとうございます!

前原利夫


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation