幼い頃から外国の文化や言語に強い関心を持っていた私は大学卒業後、海外に9年間留学をしていました。仕事でも5年ほど海外勤務をしていたので、これまで多くの時間を異文化の人達と共に過ごして来ました。憧れの海外生活でしたが、その中で多くの葛藤も経験しました。

例えば、歴史認識の違いによる文化的な摩擦などでしたが、それらは決して自分では解決することの出来ない問題でした。何故なら、植民地支配など自分がしていない事で責められ続けるからでした。そんな時、すごく教会に行きたいと思いました。マタイ11章28節の「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」という御言葉が頭に浮かんだからでした。

当時、私が滞在していたのは、街中に教会が溢れ世界中に4千人を超える宣教師を派遣している国でしたが、私はそこで聖書的世界観よりも民族性を強く感じました。これまで日曜学校で学んだ通りであれば、人の罪を贖うことが出来るのは「罪のない神の独り子イエス様」だけです。

でも、私は「すべての人は、罪を犯した。」(ローマ3:23) とあるように聖書の基準において「罪びと」です。だから、人の罪の身代わりにはなれないと思いましたが、現地の人達に先祖の罪を問われ続ける環境にあったからでした。

聖書の別の個所には「赦しなさい。そうすれば、自分も赦されます。」(ルカ6:37)、「互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。」(コロサイ3:13) とあります。御言葉を通して神様は繰り返し「赦し」について教えています。

それなのに、どうして私はクリスチャンの多いこの国で、赦される事なく責められ続けるのだろう?しかも他人の犯した罪で… 次々と疑問が湧いてきました。そんな時、同じ学校のクリスチャンが私を教会に誘ってくれました。

川口朋子

聖書引用:聖書 新改訳
©1970,1978,2003 新日本聖書刊行会
       


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation