「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。」 第一ヨハネ 4:9

夫婦であれ、家族であれ、仕事であれ、あるいは友人であれ、人間関係における愛の力を侮ることはできません。そして、人間に対する神の神聖なる愛は、人間同士のいかなる愛の形をはるかに超えるのです。

この賛美歌は、チャールズ・ウェスレーが書いた6,500を超える賛美のひとつです。1747年に書かれたこの素晴らしい賛美は、キリスト教教義の様々な要素に触れています。キリストの受肉に見られる神の愛を大きく称え、その後に清めというウェスレー主義について触れています。

また第三節では、神を信じる一人一人の体に宿る聖霊の真理を強調し、第四節では、私たちの信仰が栄光と共に増し加えられることについて語っています。

清めの教義に関しては、キリスト教徒の間でも様々な解釈があるとは思いますが、主の恵みの中で成長したいというクリスチャン一人一人が持つ当たり前かつごく基本的な真理については、どんな人も反論の余地はないのではないでしょうか。

私たちの心、知性、そして思いは神様の愛に支配されなければなりません。自分の人生の中で、神の愛がこのようにあなたを支配してくださり、それが真理となっていくように祈りましょう。

ヨハネ3:14-21、ピリピ1:6、コロサイ1:28、Iヨハネ3:11-24参照

峯岸麻子

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.   


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


聖歌249「過ぎにし昔も」“O God, Our Help in Ages Past”

「主よ。あなたは代々にわたって私たちの住まいです。山々が生まれる前から、あなたが地と世界とを生み出す前から、まことに、とこしえからとこしえまであなたは神です。」詩篇90:1-2

新年の始まりに何も感じない人はいないでしょう。私たちはみんな多くの疑問や懸念を持って、この先何が起きるか分からない未来の入り口である新年の始まりを迎えるのです。

この賛美に書かれているのは、詩篇90篇を要約した「時」の神秘です。時に「イギリス賛美の父」と呼ばれるアイザック・ワッツによる600にも及ぶ賛美の中で、最も有名であり、最も素晴らしい作品のひとつとして広く認められています。

当時の会衆賛美は、重厚な韻律の詩篇を歌うだけでした。聖句以外の言葉を使って賛美することは、神に失礼であると考えられていたのです。若い時から、詩作における大きな才能を開花させていたワッツは、この英語教会の会衆賛美に関して徐々に問題を感じるようになったのです。

父親から「もっと歌いやすい賛美を書いてみてはどうだ」と頼まれたワッツは、25歳の若さで新しいスタイルの賛美歌集を出版します。

その中におさめられたこの曲は詩篇を元に書かれた聖歌であり、今日も広く歌われています。250年を経た今も、ワッツのこの賛美は、神の誠実なご性質を映し出す過去、そして未来に対する神の確実な約束を、時宣にかない、私たちに教えてくれるのです。

詩篇33:20、48:14、90、イザヤ26:4参照

峯岸麻子

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications, Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.   


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


「その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」ルカ書 1:32、33

私たちの主の誕生祝いの準備は、クリスマスの4週間前の日曜に始まり、この時期は待降節として知られています。待降節は、救い主の到来と救い主による地上での王国の立国に関する旧約聖書の預言を中心においています。

救い主の到来は、その誕生の600年前に預言されています。当時、ユダヤ人はバビロン捕囚の最中にありました。

以来、ユダヤ教徒たちは非常に熱い思いと期待を持って自分たちを自由にしてくれる救い主を、何世紀にもわたって心から待ち「御民のなわめを解き放ちたまえ」と祈ったのです。

そしてついに、長く待ってきた天の御告げがなされます「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」 (ルカ2:11)

この賛美歌は、もともと中世の教会の礼拝における交唱歌で、クリスマス・イブ直前の一週間に行われる夕べの祈りで使われました。

それぞれの交唱は、来るべき救い主への挨拶であり、旧約聖書に書かれた救い主の呼び名(知恵、インマニュエル、力ある主、エッサイの根株、夜明け、ダビデの家の鍵)がその中で歌われています。

印象的な様式の曲も古代からのものであり、詠唱あるいは単旋律聖歌として知られる、最も初期の聖歌の形を元にしています。

イザヤ7:14、9:6、11:1、22:22、マタイ1:22,23、ルカ1:78、79、ガラテヤ4:4、5 参照

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.   

峯岸麻子

cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/



【試聴】tribute to MIYAKO (Blessed Assurance) | Yuri Matsuo (NCM2)


 
「そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。約束された方は真実な方ですから、私たちは動揺しないで、しっかりと希望を告白しようではありませんか」 へブル 10:22、23

キリストを救い主として受け入れたと言いながらも、自分と神との関係を疑い、確信を持てないという悲劇の中で人生を歩む人がいます。しかし、私たちの心の中に神がいる、そう思える人生に絶対的な自信を持つことができると、聖書は教えています(Iヨハネ5:13)。

この自信は自分の気持ちの持ちようや周りの状況に基づくものではありません。むしろ、その基礎にあるのは、誠実なる神が与えたもう約束と神の霊感により書かれた御言葉です。私たちにどれだけの信仰があるかということではなく、私たちの信仰の対象、キリストご自身に、その基礎があるのです。

この聖歌の作者はファニー・クロスビー。医療ミスにより生後わずか6週間で視力を失ったにもかかわらず、95年の生涯で8,000を超える歌を作りました。19世紀、この聖歌は福音的礼拝の中で重要な役割を果たしてきました。彼女の聖歌の歌詞で、どれほどの人の霊性が高められたか。その数は私たちの想像を絶することでしょう。

コネチカット州、ブリッジポートにある彼女の墓碑には、マリア(ラザロの姉)がイエス様に香油を注いだ後に彼女が主から受けた言葉が刻まれています。「この女は、自分にできることをしたのです」(マルコ14:8)

峯岸麻子

イザヤ12:2、ローマ 8:16,17、15:13、テトス2:13、14、ヨハネ5:13、黙示録 1:5、6参照

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/



Alan Jackson – I Love To Tell The Story (Live)

「正しい者の結ぶ実はいのちの木である。知恵のある者は人の心をとらえる」箴言11:30

弟子訓練に励み、日々、主との親密な関係を深めていく中で、神を知らない魂が救われていくことは、ごく自然なことでしょう。魂の救い、すなわち神を知らない人々を決心に導くことは、手練手管で相手を納得させるような販売術を用いることとは違います。

それは、シンプルに神のメッセージ、福音の客観的歴史的事実、そして聖霊の力と愛の中にあるイエス・キリストの権威をもって相手と話をすることです。

自分の信仰を人に話すことは喜びと満足を感じる経験ですね。これは、この聖歌の作者であるケイト・ハンキ―にとっても同じでした。長老教会の会員であり裕福な銀行マンの家に生まれたケイトは、若い時から伝道への熱い思いを抱くようになりました。

経済状態の如何を問わずすべての子供たちを対象に日曜学校を開き、それは地域に大きな影響を与えました。ここで学んだ生徒たちの多くが、熱心な働き人となっていったのです。

30歳の若さで重病になった彼女は、長い療養生活の中でキリストにある自分の人生について長い詩を書きました。その詩の後半部分、「語られた話」と題された50篇の詩が、この聖歌の詩の基礎となりました。また詩の前半部分は、今も広く歌われている “Tell Me the Old Old Story”の歌詞となっています。

ダニエル12:3、マタイ4:39、使徒4:12、Iペテロ3:15、Iヨハネ4:9、10参照

魂の救いについてよく引用されるこの話について、真剣に考えてみませんか。「魂の救いは、福音を宣言すること。それは、心満たされた貧しい者が腹をすかせた貧しい友人に食べ物のある場所を伝えることと同じである」

峯岸麻子

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.   


Holy holy holy. 聖なる 聖なる 聖なるかな (フルート:紫園香)

「来たれ。私たちは伏し拝み、ひれ伏そう。私たちを造られた方、主の御前に、ひざまずこう。主は、私たちの神。私たちは、その牧場の民、その御手の羊である。きょう、もし御声を聞くなら」 `詩篇95:6-7

「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな。神であられる主、万物の支配者、昔いまし、常にいまし、後に来られる方。」(黙示録4:8)これは、神を信じる人々がいつか御国で声言する賛美の言葉です。150年前に長老派牧師のレジナルド・ハーバーによって書かれたこの荘厳な歌詞を持つ賛美は、今でも会衆賛美でもっとも頻繁に歌われるもののひとつです。

クリスチャンの霊生活において、賛美はその礎石です。一教会の基盤にあるのはその礼拝であり、伝道活動のすべての側面はその礼拝に根差すものです。人は心からの賛美と礼拝を捧げることによってのみ、霊的に成長できるのです。私たちは、一生を賭けて神を賛美、礼拝することを学ばなければなりません。

私たちの賛美は、そのまま神との関係の深さを示すのです。私たちの生活において神がしてくださっていることだけでなく、それ以上に神が神であることのすべて、その存在、ご性質、行いを賛美することを学ぶのです。

ハーバーは、牧師、著述家、教会指導者として、非常に尊敬を集めていた人物であり、カルカッタの主教として働いていたこともありました。43歳の若さで亡くなったときには、クリスチャン界全体がその死を悼みました。

その死から一年、妻と友人らがハーバーの思い出と伝道活動の証として彼が書いた賛美57篇をまとめた本を出版しました。この賛美の歌詞はこの時の賛美集から取られたものです。

峯岸麻子

詩篇145:8-21、イザヤ6:3、黙示録4:5-11、5:13参照

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.     


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


   

「神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいてくださいます。」 ヤコブ 4:8

世界中の人々に広く愛されているこの聖歌を作ったのは、才気煥発かつ魅力的だったイギリス人女性、サラ・フラワー・アダムスです。彼女は43歳の若さで生涯を閉じました。

体の弱かったアダムスでしたが、その生涯は活動的で多くの作品を生みだしました。第一節に書かれている十字架は、彼女の大望の多くを閉ざした身体的なハンディキャップを指しているのかもしれません。

アダムスの妹のエリザは音楽の才能があり、姉のサラが書いた詩に音楽をつけることがありました。この姉妹は、自分たちの教会の牧師が編纂した聖歌集に、3の詩と62の音楽を提供しています。ある日のこと、アダムスはヤコブとエサウについて語る自分の説教に合わせた新しい聖歌を作って欲しいと牧師に頼まれます。

時間をかけて創世記28章の10節から22節を学んだ後、彼女はあっという間に第一番の歌詞を書き上げました。この聖歌が作られたのは、1840年。それ以来、この聖歌は世界中の傷ついた人々に霊的な慰めを与え続けるという壮大な歴史を刻んで来ました。

歌詞を読むと、ヤコブが石を枕に眠り、夢の中で天使を見て、その場所を「神の家」という意味のベテルと名付けたときの様子が浮かんできます。そのイメージは、神の近くに行き、その臨在をリアルに感じたいという私たちの強い気持ち、特に大きな必要を抱えているときのそんな気持ちを映し出していると言えるでしょう。

峯岸麻子
 
創世記28章:10節~22節、詩篇16:7、8、73:28、145:18、エレミヤ29:13、使徒17:27参照

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.     


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/



The Isaacs – Does Jesus Care? [Live]

「また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」 マタイ 28:20

神は私たちが喜ぶときにはささやき、痛むときには叫ばれる。 C.S. ルイス

神の子供たちは、時に不思議に思うことがあります。傷ついているとき、とても重い重荷を抱えているとき、暗い経験をしているとき、抗えないような誘惑にあったとき、愛する人との別れのとき、主は本当に私たちのことを気にかけてくださっているのだろうか?

この讃美歌を書いたフランク・E・グレフも、こうした思いを知っている人でした。しかしグレフは、「私の救い主は、私を思ってくださっている!」と、その疑問に声高らかに答えています。

グレフは、メソジスト教団のフィラデルフィア教区では知られた存在でした。そのにぎやかで愛嬌のある性格で、「お日さま牧師」として親しまれた人です。しかし、そのグレフが非常に厳しい数多くの試練をくぐって来たことを知る人はあまりいません。

激しい体の痛み、疑い、落胆・・・。そんなとき、彼は慰めと力を求め、御言葉に頼りました。「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです」という第一ペテロ5:7は、辛い時のグレフにとって特に意味のある聖句でした。

『神なく望みなく』は、そんな彼が得た確信を書き記したものです。200を超える賛美歌を書いたグレフ。その中でも、私たちに一番の慰めを与えてくれるのが、この作品の歌詞でしょう。

峯岸麻子

詩篇28:7、42:8、イザヤ26:4、
マルコ5:36、Iペテロ5:7参照
Taken from [Amazing Grace] © Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.     


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/



Fairest Lord JesusFairest Lord Jesus

「なぜなら、万物は御子にあって造られたからです。天にあるもの、地にあるもの、見えるもの、また見えないもの、王座も主権も支配も権威も、すべて御子によって造られたのです。万物は、御子によって造られ、御子のために造られたのです。」コロサイ1:16

キリストの美と徳を声高に称えるこの素晴らしい歌詞は、私たちの心を賛美に、そして「美しい救い主」に導きます。すべての美の源であり本質であるイエス。そのイエスと自然を見事に対比させたこの歌詞に、私たちの心は神への畏怖の思いで満たされ、私たちの救い主は、神のあらゆる創造物にも、天使にも勝る存在であると知るのです。

この讃美歌の起源は不詳で、12世紀、聖地への過酷な旅を続けるドイツ人十字軍戦士たちによって歌われたという説があります。また、ジョン・フスの信奉者たち、1620年、血みどろの対抗宗教改革粛清の中でボヘミアから逃げ出したモラビア人たちが発祥という説もあります。『イエス きみはいとうるわし』は、彼らが落ち着いた先(現ポーランドの一部)に住む敬虔な農民たちが始めた民謡賛美というのです。

父なる神の栄光を私たちに表してくださる公正な神のひとり子。この賛美の歌詞は、彼に対する信仰と喜びにあふれ、何世紀もの長きにわたり、クリスチャンを祝福してきたのです。

峯岸麻子

ヨハネ1:1、3、14、5:23、20:31、ピリピ2:9-11、コロサイ1:13、15、2:9、へブル1:2、3参照
Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.    


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/



Jesus paid it all hymn – lyrics
Jesus paid it all hymn – lyrics


「『さあ、来たれ。論じ合おう。』と主は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。」イザヤ1:18

この讃美歌の作詞者は、エルビナ・ホールという一信者です。キリストの福音の基本的な真理は「完了した」の一言にあり、この真理はキリスト教信仰の基礎中の基礎となっています。ホールが書いたこの歌詞は、この真理をよく語っています。

ホールがこの詩を書いたのは、ある日曜の朝、教会の聖歌隊待機部屋で牧師のジョージ・シュリックの説教を聞いている間のことでした。礼拝が終わった後、二人の間にはこんな会話が交わされたのではないでしょうか。

「先生に罪を告白します。今朝の先生のメッセージに集中していませんでした。神の愛と赦しを本当に知るには、というお話を先生が始めた途端、私たちに救いを与えるためにキリストがすでにしてくださったすべてのことを考え始めてしまったのです。そしてこの言葉が私の心に溢れ出てきて、書き留めなければならなくなってしまって」

すると牧師はオルガン奏者のジョン・グレープを呼びました。彼は「すべての主に負う」と題した楽曲を牧師に提出したばかりでした。

驚くことに、この曲がホールの歌詞にぴったり合ったのです。1874年に初めて出版されて以来、この曲は教会で、特に聖餐式で広く歌われてきています。

峯岸麻子

ローマ3:24-26、Ⅰコリント6:11、エペソ1:7-9参照

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.