先月の本欄で私は西郷隆盛に触れ、彼の座右の銘、「敬天愛人」にキリスト教に相通ずる精神性を感じると書いたがその後、偶然にも、「西郷隆盛と聖書ー敬天愛人の真実」なる本の存在を知り、早速日本から取り寄せた。今年1月に発行されたばかりで著者の守部喜雅氏は「キリスト教新聞」、「百万人の福音」の編集長だった人であるが、とにかくその内容に驚かされた。

著者によると、10年近く前に日本の民放テレビで「西郷隆盛はキリシタンか?」という歴史探訪番組が放映されたことがあり、これに刺激されてこの本を書くに至ったという。これによると、西郷は漢訳聖書を読んでいただけではなく、横浜で洗礼まで受けていたようだと書かれている。

俄かに信じ難い内容であるが、私には何となくありうることと読めた。明治維新の実現に犠牲的精神で奔走し、驕り高ぶらず世のため、人のために一生を捧げた西郷がクリスチャンであった可能性はゼロではないと思う。

著者は西郷のほか、坂本龍馬、勝海舟、大隈重信など多くのサムライたちが幕末維新のころ、聖書に接する機会があったと指摘している。その多くは宣教師たちの影響が見られ、聖書の不思議な力がサムライたちの心を揺さぶり、日本改革の気運を促したに違いない。明治維新はその証だと私は思いたい。

幕末維新のサムライたちが聖書に心打たれる思いで、高い志で国家のために活動したのであれば、彼らはなんと幸せであったことだろう。翻って、私は幼少の頃より聖書に親しむ機会に恵まれてきたものの、クリスチャンとして心を揺さぶられる経験は乏しい。

私には証に相応しい信仰経験が無いのだが、父母によく言われた「耐え忍べ」という言葉だけは守ろうと努めてきた。然しそれとても至難のわざである。(ローマ人への手紙5章3ー4節「それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。」)

サムエル北村


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


「万事を益となす神」 ローマ章8章28節:

「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、
万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知ってる。」

前号で書きましたが、私達がLAホーリネス教会を出た時は、私達二人だけ送って下さい、それ以外の一切の援助もヘルプも求めませんと、立ち上がりました。思いの外、多くの困難が待ち構えて試みの時でした。礼拝場所(9月号で紹介)、経済、また牧師不在の問題と戦うことになりました。

1)経済的試練の中でスタート:

教会を始めた1994年という年は私達には試練の時でした。1992年はLA暴動の時でした。LAの中小企業が軒並みに打撃を受けた年で、特に、韓国のクライアントを多く持っていた私の仕事は、例年の半分以下の収入でした。

借金し、それでも足りないので将来の退職金、保険金をみんな崩してしまいました。神様、このような最悪の時に、どうして教会開拓に乗り出せと言うのです。経済的に困難な中での難産でした。

しかし、一旦、神様に誓ったことから逃げ出す事は出来ません。信仰を持って進むしか道はありません。厳しい財政の戦いの中でしたがホテルでの礼拝、伝道は喜びでした。特に、魂が救われ、洗礼を受ける人がいると大きな祝福、恵み、慰めでした。

2)牧師不在でスタート:

当時、私はフルタイムの牧師になるつもりはなく、神様からの明確な召もありませんでした。遣わされるであろう牧師の補佐をするつもりでした。仕事をしながら、教会の財源にしたいと思い願っていました。さ〜大変、教会はスタートした、礼拝もスタートした、牧師はいない、いなければ私が立つしかありません。神様は私を崖ップチに立たせて、後ろから背中を押し出すのです、私は困りました。

メッセージの準備も、出張先のエアーポートやホテルで準備をすることもしばしばでした。多くの訓練を受けましたが、喜びでした。 神様の計画は、”お前がわたしのために福音を語れ” であったのです。誰にも頼るな、誰をも期待するな、自分で福音を伝えなさい、経済も誰にも頼るな、自分で立て、私がついている、これが神様の御心でした。そこにも、“ただ、ただ主の恵み”があったのです。

神様は万事を益となすお方です:

1)パウロの権利放棄の伝道型教会
財政的に試練のなかでスタートしましたが、神様は日本からローカルからクリスチャンの会社を与えて下さいました。財政は挽回、祝福されました。そして、私も主から訓練を受け、進む事が出来ました。神様はフルタイムの牧師を遣わされないで、私を立てて下さって、伝統的な教会と違う型の教会作りをさせて下さいました。”無報酬主義の教会”を。

第一コリント9章16節;「それでは、その報酬はなんであるか。福音を宣べ伝えるのにそれを無代価で提供し、わたたしが宣教者として持つ権利を利用しないことである。」私はこの9章を「権利放棄の宣教論」と呼んでいます。

私個人にも語られたみ言葉でもあると受け止めています。私たちの教会は稀に見るユニークな無報酬主義教会となりました。主は信じる者を見捨てられないお方です。

2)教会を追い出されたが会堂購入:
ホテルで礼拝する事は最悪の手段でした。神様、福音を伝えるのに場所が必要です、与えて下さい、しかし神様が導かれたのはホテルでした。ホテルで約4年、そこからユダヤ人の chosen peoplesの教会に移り、そこで8年経った時に、立ち退きを命じられました。

また、新しい場所のために祈り出しました。探せど、探せど、適切な場所が見つかりません。転々と場所を移るのは一時的で、やがて恒久的な場所が準備されていたからです。私達の祈りに勝る計画、奇跡と思われるようにこの会堂を購入できました。主は良いお方と賛美にありますが、実に神様は最高、最善のお方です。

最後に、教会はビジョンに生きる:

私達の教会は先ず、魂の救いを第一として働いています。前述の教会開拓案に4、5年したら、GVICは日英で150人の教会に成長したいとビジョンがあります。私達はすでに24年、50人そこそこ、ビジョンに遠いです。皆さん、祈り、救われる魂が起こされるよう福音を伝えよう。

もう一度、この創立記念日、我らの救い主イエス様にすべての栄光をお返します!ただ、ただ主の恵み!によって創立され、今日まで支えられているのです。

前原利夫


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


世にある限りの 讃美歌214 “O for a Thousand Tongues”


讃美歌ミク「世にあるかぎりの」

「息のあるものはみな、主をほめたたえよ。ハレルヤ」 詩篇150:6

オックスフォード大学を卒業したばかりのジョン・ウェスレーとチャールズ・ウェスレーの兄弟は、新世界のアメリカ、ジョージア州に向かいました。オグルソープ将軍の指揮下に住む粗暴な入植者や先住民の人々への伝道を願った旅でしたが、現実を突きつけられ、夢破れた二人は、ほどなくイギリスに戻ります。

イギリスへの帰路、大西洋を渡っていた二人は、そこで出会った献身的なモラビア教徒の一群に感銘をうけます。彼らは深い信仰を持ち、生き生きとして、純粋に宣教への熱意にあふれていました。ロンドンに戻った後、2人はアルターズゲイト・ホールで再びモラビア教徒の一群に出会います。

そして1738年5月、その場所で「霊的に心が燃える」体験をします。そしてその経験を通し、宗教的な活動には熱心でありながらも、神の赦しや神による本当の喜びを個人的に知らずにいた自分たちに気づかされたのです。

「世にある限りの」は、アルターズゲイトでの経験から11年経った1749年、チャールズ・ウェスレーにより生みだされました。モラビア教の指導者であるピーター・ボレールが信仰における喜びを表現したこの言葉に刺激を受けて書かれたものでした。「ウェスレー兄、主は私の人生にとても多くの事を成してくださいました。私に1,000枚の舌があれば、そのひとつひとつをもって救い主イエスを賛美するでしょう!」

チャールズ・ウェスレーの個人的な証が込められたこの讃美の歌詞。その言葉は、2世紀以上、神を信じる人々を突き動かす力となっているのです。

詩篇96:1-4、103:1-4、145:2、3、
ローマ14:17参照

この讃美歌の歌詞を自分自身の心の熱い願いとして、歩みましょう。

峰岸麻子

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.

私が通っていた名古屋のキリスト教系中学校の校訓(モットー)は「敬神愛人」であった。講堂正面の扁額に墨痕淋漓大きく書かれた4文字は少年心に深く彫まれた。長ずるに及んで、これと同じような言葉を明治維新の立役者、西郷隆盛が愛用していることを知った。「敬天愛人」である。

先月号の証で私は日本の著名な宗教家、思想家、内村鑑三について触れた。その内村の名著「代表的日本人」5人の中に西郷隆盛が堂々と名を連ていることに私はかねてより興味を覚えていた。西郷にとって天とは何か?彼は神を信じていたのであろうか?彼は何故、今なお日本を代表する偉人として慕われるのであろうか?興味は尽きない。

内村鑑三は何故、西郷隆盛を日本を代表する人物に選んだのであろうか?西郷のほかに、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮が含まれているが、いずれも、その人生において、節を曲げずに自己の信念に忠実な人物たちであった。特に西郷は無私無欲、驕らず高ぶらず謙遜そのものであった。

内村はこのような地味で世間的に仰々しく振る舞わない日本人の精神性を広く海外に誇示すべくこの本を英文で書いている。西郷は自己を超えた大きな存在に寄り添う生き方をしたといわれている。この大きな存在こそ天であり、神ではなかったのであろうか。西郷はクリスチャンではなかったがクリスチャンに合い通ずる精神性を有していたと思う。

ここで私は聖書のルカの福音書14ー11「なぜなら、だれでも自分を高くするものは低くされ、自分を低くするものは高くされるからです」のみことばを思い出す。イエス様は自らこのような人のあり方を私たちに具現されてくださったお方である。

私は少年時代に受けた敬神愛人のモットーが私の信仰生活の根底に常に生きていることに感謝している。

サムエル北村


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


「主が家を建てられるのでなければ、
建てる者の勤労はむなしい。、、」 詩篇127:1

Founder’s Day : GVIC 創立記念日(上)

今年6月の年次報告会で、世話人会を代表して前原牧師から下記の報告がありました。

「今年2018年から9月の第二日曜日を「GVIC創立記念日」として定め神様に感謝を捧げる日とする。」私たちの教会がトーランス市のホテルで第一回目の礼拝を捧げたのは1994年9月の11日、第二日曜日でした。来年、創立25周年を迎えることになります。主イエス様に感謝、 ハレルヤ!

私が教会の創立記念日を祝う伝統を最初に体験したのはロスアンジェルス・ホーリネス教会でした。素晴らしい伝統だと思いました。

1990年3月31日

1990年3月31日であったと思いますが、その日は北米ホーリネス教団の第一回リニューアル・リトリートの二日目でした。午後の休憩時にリトリートセンターの森の中を一人散策しながら、”主よ、教会の名前は何にいたしましょうか”と祈りながら、名前を模索していた時でした。これまで幾つかの候補名がありました

。”venture” という言葉は名称のどこかに入れたいと考えてはいました。その時です、”Gospel Venture”と上から閃光のように閃いてきました。聖霊様の促しであったであろう。まだ、教会の場所も定まらない前に名前が先に出来上ってしまいました。

睦子と私は、1980年代の頃から”ビジネマン伝道”をしたいと祈り、何らかの形でビジネスマンのために立ち上がり、伝道する事を使命と示されつつありました。しかし牧師への明確な召命は得ていませんでした。将来のため神学校で学びを始めました。

仕事を終わり、夜の6時や7時頃からの学びはチャレンジで、深夜までアサインメントととっ組むことしばしばでした。やがて決断し、私達が立ち上がるべき時がきました。

1991年1月21日

1991年1月21日、私はホーリネ教団の常務委員会(私もその一員)に「サウスベイに教会開拓」をしたい趣旨のプロポーザルを提出しました。プロポーザルは1992年1月からサウスベイで日本語部教会を開拓し、数年後に英語部も開拓するという主意でした。

この教会開拓のためホーリネス教団と前原が財務を折半し、教団は一人の牧師を派遣し、前原は補佐するというリクエストでした。この プロポーザルの特徴は教団側と個人がチームとなり、教会開拓を始めるという、教団側には初めてのことでした。ところが、この類の教会開拓案は時機尚早、前例がないとして却下されました。当時、LAホーリネスに出席していた私達は、祈りの中で、信仰のベンチャーに乗り出しました。

プロポーザルを出してから3年半が経過し、私達は礼拝の場所を探し歩きました。アメリカ人の教会は大きいし、沢山の部屋がある、レントするには問題ないとタカをくくっていましたが、現実は厳しいものでした。教会で門前払いに会ったこと数回でした。このような教会にはなりたくないと思いながら、次の候補を探し歩きました。

やっと、落ち着いたのがホテル、当時の Holiday Innでした。ホテルと部屋の契約を済ませ、キーボード、音響機材、聖書、聖歌、礼拝に必要な品々を整え、第一回目の礼拝に備えました。

1994年9月11日

1994年9月11日、私達の教会の歴史の開幕となりました。ホテルの片隅の小さな部屋からイエス様を讃える賛美が流れていきました。時々、ホテルのゲストが廊下で立ち止まり覗いたりしました。睦子は礼拝が始まる10時半になるまで、ホテルの入り口で誰かを待っている様子、今日はこの方が礼拝に来てくれた、あの方が来てくれた、と嬉しそうに数えていました。

私達と一緒に開拓に参加した家族は4家族でした。一家族は天に帰り、一家族は日本に帰り、一家族は教会を変えました。それぞれに良き働きをして下さいました。私達がLAホーリネス教会を出た時は、私達二人だけを送り出して下さい、それ以外の一切の援助もヘルプも求めませんと、立ち上がりました。振り返ってみるとそれは主の恵みでありました。

4年後ホテルからチョーズン・ピープルズの教会に移転

4年後ホテルからチョーズン・ピープルズの教会に移転し、またホテルに戻り、そして2007年11月に本教会堂を購入しました。思えば、長くもあり、短くもある24年のGVICの創立記念です。主は多くの方々の祈り、励ましを備えて下さいました。

また、辻本先生、今は主の元にお帰りになられた美枝子夫人のお祈りを思い起こし、感謝に溢れます。創立記念日はこれらのことをなして下さった我らの主に全ての栄光がありますように、と主を讃える時です。

10月号は続編として、窮地に追い込まれても、尚、さらなる良い道を備えられる神様の業ををシェアいたします。 

前原利夫


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/



Open My Eyes, That I May See – Hayes Barton Baptist Worship

「私の目を開いてください。私が、あなたのみおしえのうちにある奇しいことに目を留めるようにしてください。」  詩篇 119:18

神の真理を正しく受け取るには、私たちの存在すべてが神のあらゆる働きかけに生きた反応をすること、そして神の働きかけにしっかりと注意を払うことが不可欠です。

もちろん、故意にあるいは大げさに神に逆らうクリスチャンなど、ほとんどいないでしょう。そうではなく、私たちは人生の細部にある神の導きに敏感に反応することを選ばない、すなわちシンプルに神に従わない道を選んでいるのです。

神の真理に対して目を開き、耳を傾け、言葉を通してそれと交わり、神の愛を広めることを大切にする。この聖句はその重要性を私たちに教えてくれます。私たちが神の言葉を静かに待つ中で、聖霊がこうした要素を明らかにしてくださるのです。

この聖句の作詞・作曲を手掛けたクララ・スコットは、アイオワ州にあるレディース神学校で音楽を教えており、たくさんの曲を生みだした人物です。彼女が生み出した曲の中にある言葉は、人生にある神の御心にしっかりと気づき、その御心に従う準備ができるよう、多くのクリスチャンを助けてきたのです。

詩篇40:8、箴言16:9、
マタイ13:6、ルカ8:18、
ヨハネ7:17参照

神の真理を受け取る感覚を強くしてもらえるよう、神に求めましょう。あなたが前に進めるよう、この聖歌の祈りをくちずさんでいきましょう。

峰岸麻子

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids,
MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


先月号の本欄で私は日本のキリスト教について触れ、クリスチャン人口の少なさを嘆いたが、翻ってその日本のキリスト教に私はどう関わってきたのであろうかと、自問自答している。日本の諺に「論語読みの論語知らず」という言葉がある。

儒教の経典である論語をいくら読んでいても実行が伴わなければ役立たずであるという皮肉である。私は聖書読みの聖書知らずであったことを反省している。日本に長く住んでいて日本人の友人も沢山できたが、その友人達を教会に誘うことは一度も無かった。牧師の子でありながら宣教になんら手を貸すことは無かった。

今それを悔いている。宣教は聖職者だけに任せて、信者はただ手をこまねいて傍観していいはずはない。私は迂闊にもそのことに気付かずに無為に日本で怠惰な信仰生活を続けて来たのである。米軍基地に勤務していた関係で基地内のチャペルで礼拝だけは守った。チャペルはいわゆる”non-denominational”で教派の区別は無かったが、聖公会系の信者達だけは、日本で伝道している聖公会宣教師を基地に招いて特別礼拝を持っていた。

日本には世界でも極めて珍しい無教会主義派があって、特定の教会に属せずクリスチャン生活を維持している信徒がいるようだが、私は会う機会は無かった。ただ、私の父方の遠縁に、無教会主義の提唱者であった内村鑑三がいたことは、父からよく聞かされていた。内村は「二つのJ」を愛するという有名な言葉を残している。

一つはJesusのJ、もう一つはJapan のJである。彼の墓碑にはこう刻まれている。”I for Japan; Japan for the World; The World for Christ; And all for God.”彼は立派な愛国者である前に立派なクリスチャンであったのだ。

彼の墓は東京都府中市多磨霊園にあるが、私はいつか墓参できたらと願っている。
      
サムエル北村


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


私達の”希望”という概念は、”こうあって欲しい、あ〜なって欲しい” という自分の好きなことを実現してもらう事ですね。もし、希望が叶わなければ、また次の機会に希望をつなげはいいのです。

人間は希望を頼りに生きている様な者です。たとえ、その希望が霧のように消え失せるような性格であっても、生活になくてはならい大切なエネルギー源です。しかし、ここで、み言葉が語る”希望”について考え、真の希望を知り、真の希望に生きたいものです。

1. 希望の永遠性:

第一コリント13章は信仰、希望と愛は永遠であると教えます。これらの3つが永遠であることはそこに霊的要素があり、神的要素があるからです。翻って、神的以外に永遠性はないし、霊的以外に永遠性はないでしょう。

イザヤ書の41章は、私達を贖い、助けて下さる希望がイスラエルの聖者であると教えます。イスラエルの聖者の事をMiqweh Israel、イスラエルの希望と言うそうです。即ち、神ご自身が希望そのものです。

この希望は霧の様に消え去ることはありません。私達は永遠性のない希望を懸命に求めていることに気が付かなければなりません。

イザヤ書41:14「主は言われる、虫にひとしいヤコブよ、イスラエルの人々よ、恐れてはならない。わたしはあなたを助ける。あなたをあがなう者はイスラエルの聖者である。」(”Your redeemer, the Holy One of  Israel” )

エレミヤ書14:7「イスラエルの望みなる主よ、悩みの時の救い主よ。”同17:13「またイスラエルの望みである主よ、あなたを捨てる者はみな恥をかき、、」
 

2. 信仰の先輩達の希望:

聖書の中で’神の友”と呼ばれた人物は2人だけアブラハムとモーセであったと思います。2人の信仰を見ると比例ない信仰の賜物が与えられています。モーセは敢えてこの世の富、名声、エジプトの栄光を塵芥のように捨てました。

それは、イスラエルの希望のゆえ、即ち来るべきメシヤを待ち望んだからであります。このイスラエルの希望のゆえに、艱難、苦難、数々の苦難を耐え忍び、キリストのゆえの艱難をも甘んじて受けたのです。

パウロもしかりです。ローマ書5:2「そして、神の栄光にあずかる希望をもって喜んでいる」

パウロの希望は私達が希望と呼ぶような希望ではない。コリント第一の手紙13章では、おぼろげな神ではない、おぼろげなキリストではい、やがて、はっきりと完全なお方にお会いする希望に燃えている。アグリッパ王の前で弁明するパウロは「王よ、この希望のゆえに、わたしはユダヤ人から訴えられています。」と弁明。 (使徒行伝25:7)
  
私達の希望を確かめようではありりせんか。み言葉の希望は、今作り上げられたばかりの希望ではない、永遠から存在する希望です。この希望から全ての良きものが創造されるのです。この方に置く希望こそ、揺るぎない希望、先輩の先人たちはこの希望のゆえに生きる意味を見つけたのです。この希望が忍耐を授け、力を授けて、永遠に生かし続けて下さる希望です。

私達の希望はMiqweh of Israel、我らの希望、主のイエスキリスト!

前原利夫


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


「星条旗-米国国歌」“The Star-Spangled Banner”

「人の立てたすべての制度に、主のゆえに従いなさい。それが主権者である王であっても、また、悪を行なう者を罰し、善を行なう者をほめるように王から遣わされた総督であっても、そうしなさい」第一ペテロ 2:13、14

米英戦争中の1812年のことです。英軍がボルティモア港を激しく攻撃する最中、近く停泊した船の甲板には、落ち着きなく歩き回るフランシス・キーの姿がありました。

ジョージタウンの州検察官であり教会のリーダーでもあったキーは、ジェームス・マディソン大統領から一任され、英軍の戦争捕虜となっていた医者の解放交渉に当たっていたのです。

交渉の間、キーと関係者は英軍船に拘留され、激しい爆撃は一晩中続きました。夜明け前、突然攻撃が止みました。あの激しい攻撃の中、我が軍は・・・。恐る恐る対岸の様子を伺うキーの目に、悠々とはためくアメリカ国旗が飛び込んできました。それは、米国の自由を約束する勝利のあかしでした。

安堵と喜びの中、キーはその思いを封筒の裏側に書き止めます。その日の夜、英軍の船から解放された後、キーはその詩を仕上げました。一月後、古くから狩猟の時に歌われていた民謡 (『天国のアナクレオンへ』)の調べに乗せ、その詩は発表されました。

すぐに爆発的人気を得たこの曲でしたが、国歌として正式に採用されたのは1931年3月3日の議会でのことでした。

峰岸麻子

箴言14:34、マタイ22:21、ローマ13:1-7、Iテモテ2:1-2、ペテロ2:13-21参照

Taken from [Amazing Grace] ©Copyright
September 22, 2017, Kenneth Osbeck,.
Published by Kregel Publications,Grand Rapids, MI
Used by permission of the publisher.
All rights reserved.   

沖縄での勤務を終えて転任した先は神奈川県座間基地にある⽶国陸軍本州基地司令部であった。渉外部⻑として本州各地に点在する⽶陸軍基地と周辺⾃治体との親善交流、防衛省/⾃衛隊との渉外業務が主な任務であった。

沖縄の時と同じように仕事がら各地を訪れる機会に恵まれ、マスコミとの縁もでき、⾊々な友⼈もできた。教会は基地の中のチャペルで、従軍牧師と親しくできた。

然し、基地の外ではクリスチャンには中々めぐり合わなかった。⼈⼝の1%以下という⽇本のクリスチャン⼈⼝の少なさを痛感させられた。明治維新のキリスト教解禁以降も⽇本のクリスチャン数は何故、⼈⼝の1%を上回わることはないのであろうか。

隣国の韓国ではクリスチャン数が⼈⼝の30%以上という⾼率に引きかえ⽇本は異常に少ないのである。⽇本古来の祖先崇拝、儒教、神道、仏教など既成宗教の根強い影響は当然あろうがそれにしても少くな過ぎる。

それでいて、聖書の売り上げはなんと、アメリカ、イギリスに次いで世界第3位; しかも、キリスト教系⼤学数は77校と全国⼤学総数780校(2011度)の10%を占めている。

結婚式に⾄っては、神式に次いでキリスト教による式が多く、格好いいとされている。ファッションとしてのクロス(⼗字架)のペンダントなどをつけている⼥性も多い。

⽇本⼈特有の曖昧主義、本⾳と建前の使いわけ、多神教の深層が⽇本⼈のキリスト教へのコミットメントを阻害しているのであろうか。

どうやら、キリスト教は⽇本では宗教として定着せずに知的好奇⼼、⽂学的ジャンル、ファッション性としてとらえられる残念な状況である。全国の宣教に携われる牧師、神⽗、宣教師さんたちへの惜しみない応援が緊急課題である。

サムエル北村


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/