「あなたのみ言葉はいかにわがあごに甘いことでしょう。密にまさってわが口に甘いのです。詩篇119:103」

2020年も後半に入りました。一年は前半よりも後半が足が早く、ハロウィーン、感謝祭、クリスマスとあっという間に2020年が過ぎてしまいます。ボヤボヤしていますと、私達はあれも、これもしなかったと後悔するに違いありません。そこで、折返しで聖書通読を自らに言い聞かせ最後までやり抜きましょう。み言葉は口に甘しで、食べれば食べるほどエネルギー補給源です(み言葉には糖尿の心配はありません)。

私達は3月後半から教会で礼拝ができず、他の集会もお休みです。しかし、自宅を礼拝の場として用いる事を努めて来ました。貴方の家も私の家も House of Worship. です。多くの方々が家で礼拝し、祈り、聖書をしっかり読み、霊的成長に励んでおられます。素晴らしいこと、主を崇めます!

ある方は6月の中旬頃には既に2度も通読されたと証されました。ある方は初めて聖書を通読したと、その喜びを証されました。コロナ騒動で様々な活動、外出等が封じ込まれましたが、私達の霊は決して封じ込まれません。寧ろ、今の時を用いよとある様に、この不便な時に、主に 更に近付き、み言葉に親しみ、励まされています。

今号はお二人の方をご紹介して、み言葉を喜び、楽しんでおられるご様子を伺います;

戸羽正一兄:
[STAY HOME],[CLEAN HANDS],[KEEP SOCIAL DISTANCING]のモットーをなるべく守り、朝、昼、夜寝る前にイエスに1日元気に過ごされる恵に感謝の祈りを捧げています。毎日「新約聖書」を最低1時間は読み、おかげで、今日まで、「ガラテヤ人」への手紙」を終わり、今日から「エペソ人への手紙」の”’キリスト・イエスの使徒パウロからキリスト・イエスにある忠実なエペソの聖徒たちへ”から始めているところです。又、僕の趣味の読書も続けており、最近では「司馬遼太郎の作品」が好きで、彼の「対談集」を読んでいます。毎日両脚の運動とマサージもかかせません。すべて神の恵みという他はないと信じます。すべてに感謝です。」

戸羽さんはお身体が不自由ですが、忠実に礼拝に出席、またこの様にみ言葉に親しんでおられるから感謝です。(戸羽さんの投稿は数ヶ月前の原稿です)。

Potts.敏子姉:
「どうして? こうでなかったのに!満足されてなかったわたしに、そんな時、癒してくれるのは聖書だけ!と読み始めて気がついたときは、もうすでに癒やされていました 感謝。
喜んで受け入れるが根がないので、しばらくは信じていても、試練が来ると信仰から離れてしまう人たちのこと・・・、根がなかったのはこの私でした。

聖書の中で教えていただいた事に 嬉しくてなりませんでした。神様から祈りの重さ、知恵、そして真理を悟る力を頂いたのです。神様は私に信仰の強さ、試練に勝つ力をみ言葉を通して教えて下さったのです。神様って魔法使いみたい。 平安で生きていける最高の恵みを頂いたこと感謝 感謝! 感謝は尽きません、ハレルヤ!」

ご存知の様にPotts さんは昨年の9月に洗礼を受けられたばかりですが、み言葉のチャレンジを受けて、それに従い、信仰の軌道修正をなさっておられます。感謝です。

もし、皆さんの中で、聖書通読にチャレンジをされてない方、或いは、遅れておられるならば、まだまだ先は長いです。是非、今日からみ言葉を開き、神の言葉の甘さをお味わい下さい。
預言者エレミヤの言葉:「わたしはみ言葉を与えられて、それを食べました。

み言葉は、わたしに喜びとなり、心の楽しみとなりました。、、。(エレミヤ15:16)」

 

前原利夫



ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation