貴方が乗っている汽車の運転手さんは誰か?と、考えながらお読み下さい。    

「汽車、人生の」 -作者不明―

生まれた時、汽車に乗り、そこで両親と会った
両親がいつも傍らで旅をすると信じた。
しかし、どこかの駅でいつか汽車から降り、
自分たちだけで旅を続けることになるであろう。

時がたち、大切な人たちが汽車に乗ってくる
兄弟、友人、子供たち、それから人生の愛も
汽車から大勢の人たちが降りて、空白を残していく
ある人は気付かれないままに、空席を後にする。

汽車は喜び、悲しみ、夢、期待、挨拶、サヨナラ、
そして最後の告別、それらを一杯乗せて走る。
成功、それは汽車に相乗りする一人一人と
好い関係を保つことからくる。

最も、自ら最善を尽くすことだが。
汽車に乗る人は自分がどの駅で降りるかわからない、
だから最善を尽くして愛し、赦し、自分の最
善を与えることだ、これが一番大切なことだね。

時がくれば、どこかの駅で降りて、後ろに空
席を残していくが、その駅から旅を続ける人に
美しい思い出を残していかなければならない。
貴方の人生の旅が楽しい旅であることを願います。

収穫せよ、成功を、ふりまけ、沢山の愛を!
忘れてはならないこと、それは神に感謝することだ!
最後に、貴方が私の汽車に乗ってくれたこと、心からありがとう!

(前原私訳)


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


Comments are closed.

Post Navigation