苦難の日にはわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。 (詩篇50:15)

アメリカのキリスト教会の一つの特徴は、リバイバル運動が何度も繰り返し起こったことでした。信仰復興とは生き生きとした信仰を失っていた個人、教会、社会、国、世界において、人々が神様への思いを新たにし、活性化され、使徒たちの時代と同じような躍動的な姿へと再生する動きの事です。

神様は愛するがゆえに時として、私たちを断崖絶壁まで追いやることがあります。それは殆どの場合、痛みを伴い、“神様, もうだめだぁ“っていうところまで。しかし、聖書の中に見る、”信仰によって生きた人たち“を見ると、どんな に耐えられない状況下にあったとしても、常に神の平安に包まれて歩み続け、最後に圧倒的な祝福を受けています。

私はただただうろたえるだけで、夜も眠れず、”神様、早く助けだしてください“と叫ぶだけでした。私は、”恐れ“だけに振り回されて、神様の平安は目にも入らなかったのです。

神の平安は揺るぎないもの、不変なるもので人間の頭では絶対に考えの及ばない領域。どうしたらパウロが持っていたものにたどり着けるのか、ただただ祈りました。

その時にもう一度、聖書に戻り創世記から丁寧に聖書を読もう、神様の語りを受けようと導かれました。“神様、あなたの平安を教えてください!“
聖書を読み始めて、祈り求めていくうちに、明確な答えが見えてきたのです。聖書の奥義は日々の学びと祈りを続けなければならないと。

神様はわたしのことを全部知っておられ、愛するがゆえに、今の私はここを通っているんだ。通らなければならないと。つらいけど感謝しよう。痛いけど感謝しよう。感謝できなくても感謝しよう。そして、隣人を自分の事のように愛していこう。そのうちに私の心は神だけを見上げ歩み始めていました。

神へのいけにえは、砕かれたたましい。
砕かれた、悔いた心。
神よ。あなたは、それをさげすまれません。(詩篇51:17)   

鈴木光一



ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation