クリスマスおめでとうございます!

クリスマスおめでとうございます! 今年も皆さんとご一緒にイエス様のお誕生をお祝いできることを感謝いたします。

”主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。詩篇118:1”

年末を迎えて皆さんは今どのような心境、状況の中におられますか。

私たちはなぜイエス様を礼拝するのでしょうか。それはイエス・キリストが私たちの主なる神様であり、最も価値あるお方、賛美されるべきお方だからです。

完全無限の愛でイエス様は私たちの罪(ズルさ、弱さ、痛み、悲しみ、苦しみ、古傷すべて)の身代わりとなるために地上にこられました。

そして、私たちはそのことを信じる事によって、それまでいた場所(霊的に死んでいたところ)から完全に命のある場所へと連れ出されたのです。そうして、私たちは主を賛美します。賛美は絶え間なく捧げられるものです。

”私はあらゆるときに主をほめたたえる。私の口にはいつも主への賛美がある。詩篇34:1”

ダビデはサウル王に妬まれ殺されそうになったので隣国へと逃げます。そこでも身元がばれそうになると、気が狂ったふりをして難を逃れました。若いダビデは力に満ちた純粋な信仰を持った青年でしたが、彼に恐れが生じました。

神はあらゆる時の助けであり、救いであると頭では分かっていたのに、人を恐れたために苦難を通りました。しかしこの窮地を通った故にダビデは歌うのでした。「私はあらゆるときに、どんなときにも主を褒め称えます!」と。

先日、自分は人の役に立つどころか、人のお世話がないと生きていけない。また周りに大変な苦労をさせて生きていることが悲しい。と言われる方とお会いしました。

その方の言葉からは家族への思いやり、家族への感謝とともに、自分ではどうしようもないもどかしさがあり、そこがこの方の試練であるのだなと思いました。

クリスチャンはイエス様と共に人生を生きる者です。ずっと頭痛と不眠に悩まされている人。薬がうまく合わずに病院に何度も行かなくてはならない人。原因不明の病気。余命幾ばくもない人。

家族を失った悲しみの中にある人も、どん底だと思ったとしても、真実に、イエス様がその方と共におられます。

私たちそれぞれに困難があり、苦しみも問題もあります。しかしそれを知ってくださるのがイエス様であり、その問題を放置しないのがイエス様です。

ダビデは大失敗の後、あらゆるときに主をほめたたえると賛美しました。ダビデの人生は多くの失敗がありましたが、その失敗を通して主なる神様との親しい交わりをする者となりました。

今年一年を振り返り、主に感謝を捧げてまいりましょう。感謝の心はあらゆる苦痛を和らげ、主なるイエス様の御心へと私たちを導きます。主に感謝せよ!

主なる神様はまことに、まことに私たちに慈しみ深いお方。私たちの人生を恵で満たしてくださるお方です。

まだ教会へ来たことのない方、ぜひ教会へお越しください。教会はイエス様の愛で満ちる場所です。すべての方がイエス様の光に照らされるでしょう。それは暖かいあなたを守る光です。

あなたのお越しを心からお待ちしております。

キム明子


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A.
www.gospelventure.com/