私の人生において、イエス・キリストを神として信じることは、心の癒しの始まりでした。心が元気になる、喜びが溢れるという経験はもちろんですが、今まで気がつかないでいた私の「痛み」「罪」を見せられ、そこに神様が臨まれるという経験です。

自分の痛みと向き合うということは、時にとても難しく、認められず、受け入れ難いものでした。しかし、それでもその問題と向き合うとき、神様が私の背中を守るように押してくださって癒しのステップへと進むのです。

クリスチャンになって2年が過ぎ、私はワイアム(Youth With A Mission)のスイス校にいました。この学校では、DTS(Disciple Training School) 神様との個人的関係を深く学びました。

当時の私は、イエス様を知った嬉しさと、宣教師になりたい!という思いでいっぱいでした。そういう元気な私に、初めのステップ、「痛み・罪」へのお取り扱いが始まるのです。

ある日の授業、「父の愛」というテーマに大きな木の下に座っての青空教室でした。

スピーカーの先生が言います。

「あなたの心の中に建ててしまっている壁はなんですか?」

「もし、あなたが建ててしまっている壁があるなら、それをあなた自身の手で打ち壊さなければなりません。」

「今しばらく、あなたの心の壁が何であるのか、父なる神様に聞いてみましょう。」

もう一度言いますが、私の心は、クリスチャンになった喜びで、ルンルンでした。家族の問題はあるけれど、私自身に問題があるとは思えませんでした。ですから、もう心の壁は打ち壊されているし、この祈りはあまり自分には関係がないと思いました。

しかし、祈った瞬間に私の心に高い壁が建てられているのが見えました。この壁は何でしょう。私が父との間に建ててしまった高い壁でした。

「おとうちゃんだ。」胸がズキンと痛みました。

それは、小さい時から私が父に建ててしまっている壁。怖い壁。話しても理解されない壁。怒りの壁。馬鹿にしている壁。情けない壁。悲しい壁でした。この高い壁と向き合うことは、私にはできない、これだけは無理!と思いました。

まずいことを神様に言われてしまった!と思いながら部屋に帰り祈りました。怖い、面倒臭い、向き合えない、父に理解してもらえるなんてありえない。無理だよ、、、しかし、神様が私の背中を優しく押されます。もっと祈ってごらんと。(続く)

初めに、神が天と地を創造した。創世記1章1節

先月末、私は一年ぶりにフロリダ州に住む長男夫婦と二人の孫達に会いに、91歳の母と北海道から遊びに来ている知り合いのお嬢さんと三人で行ってきた。フロリダ州オーランド市は蒸し暑い毎日で、汗かきの私には正直住みにくい所ではあったが、大きくなった孫達と一緒にいるといつしかその暑さも忘れるほどだった。

しかし、30年以上も前に自分の子供達を幼稚園の入園式に連れて行ったように、今度はその長男が小さな孫の手をとって幼稚園に連れて行く後姿を見たとき、「私も歳を取ったものだ!」と思わざるを得なかった。

今回、私はフロリダ州にいる間に是非見たいところがあった。それは、あの月に向かって宇宙船を飛ばした「ケネディー・宇宙センター」であった。車で1時間半走ったところにあるケープ・カナベラルは、予想をはるかに超えた広大な土地だった。

1961年、ケネディーアメリカ大統領は、議会の中で「アメリカは、1960年代が終わるまでに人類を月に着陸させ、無事地球に帰還させるという目的を達成するために全力を挙げるべきだ!」と演説したが、その8年後の1969年7月16日にまさしく二人の宇宙飛行士、ニール・アームストングとバズ・オールドリンをアポロ11号に乗せて月へと送ったのだった。それは、中学生時代に突如現れた「ザ・ビートルズ」の次に、当時大学1年生だった私にとっては衝撃的な出来事であり、今でも鮮明に覚えている。

初めて宇宙船アポロ11号が月面に到着した瞬間、そして月面をゆっくりと歩いたアーム・ストロング宇宙飛行士が、「一人の人間にとって小さな一歩にすぎないが、人類にとっては大きな躍進である。」と言ったことばは、宇宙とはいかに大きな存在なのかと感動したものだった。

しかし、クリスチャンとなった今の私には、人間の創造では計り知れない宇宙の広大さに驚く以上に、その宇宙を含む「天と地を創造された偉大なる神様の存在」に、改めて大きな感動を覚えるのであった。

創世記1章1節の「初めに、神が天と地を創造した。」というみことばは、何の解説もなくいとも簡単に書かれてあるが、しかし『創造した』のへブル語「バーラー」とは、「何もないものから創った」という意味で、同じ1章16節にある『(太陽や月を)造られた』の「アーサー(既に存在する材料を用いて造った)」とはまったく違ったことばである。つまり神様は、私達の存在する地球や天を、何の材料も使わずに無から創造されたのである。

そして、アーム・ストロング宇宙飛行士が月面を歩いたという46年前の一大ニュースは、神様が創造されたところに初めて足跡を残したというだけのことであった。宇宙から小さな地球を見たアームストロング宇宙飛行士は、地球の美しさと共に神様の偉大さを褒め称えたという。

その小さな地球に住む私たちは、日々の生活の中で何を見てるだろうか?広大な宇宙の一つの星「地球」に存在する私達は、、独り子イエス・キリストを十字架につけるほどに愛する「天の父なる神様」を賛美し、その偉大さを日々褒め称えているのだろうか?それとも、取るに足らない小さな問題に心と思いを向けて、不平、不満、時には神様に文句を言いながら毎日を過ごしているのだろうか?日々の忙しさから一時その手足を止めて、顔を天に向け、父なる神様に賛美の声を上げようではないか!

天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる。(詩篇19編1節)

織田恭博

1年半のアメリカ、ミシガン州での留学生活は、思った以上に大変だった。初めての寮生活で、まづ困ったことは、日本の大学で学んだ英語がさっぱり通じなく、彼らのアメリカン・イングリッシュもちんぷんかんぷんだった。毎朝、アメリカ人のルーム・メートが部屋を出る時に「ハンギング・ゼア~~~!」と言って出て行くのだった。

私は「彼は私に天井のどこかに首をつって、ぶら下がれと言っているのだろうか?彼は日本人の私が嫌いなのでは?」と朝から苦しみ悩むのだった。学校に行くと、なぜかクラスのみんなが一生懸命ノートを見てるので、「なぜノートを見ているですか?」と尋ねると、「今からテストがあるの知らないのか?」と言われ、心臓が止まりかけたのだった。

そんな私にとって唯一大きな慰めとなったのは、アメリカに来て、カリフォルニアのコスタ・メサ市にある「カルバリー・チャペル」という教会でのすばらしい経験だった。

当時3,000名入る教会堂で毎晩チャック・スミス牧師による「聖書の学び」の時があり、英語の良くわからない私にも、日本語の聖書を開きながら学ぶ時、イエス・キリストの愛が心の奥深くにまで満ちてくるのだった。また、毎週土曜日の夜7時半から「マラナサ・コンサート」と言って、クリスチャン・ロック・バンドによる伝道集会が持たれ、ヒッピーのような長髪とひげの彼らが日本の一般のバンド以上に上手な演奏で、しかし神様を賛美してるのだった。

演奏が終わってから同じようにロング・ヘアーの牧師が聖書を開いて説教し始めるのだった。そして、「今夜あなたも、イエス・キリストを救い主として心に迎い入れませんか?」と言うと、100人近い若者達が、講壇前に来るのを見て、とても感動したのだった。

ミシガン州の苦しい生活の中で、「いつか日本の教会にも、このような賛美伝道で救われる若者達が起こされる日を期待しよう!」と自分に励まし続けたのだった。「ハンギング・ゼア~~!」それは「(苦しくてもあきらめずに)頑張れ!」という意味だということを知って、初めて、アメリカ人の優しさを知るのだった。

織田恭博


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/

明治学院大学を卒業した私は、英語の教師になることをあきらめ、翌年1974年にバンダービルト宣教師ご夫妻と共にアメリカに来た。聖書と音楽を学ぶためにアメリカに来たが、夏休みの間知らないアメリカ人ご夫妻の家にホーム・ステイすることになった。

しかしまだ英語を話せない私は部屋に鍵をかけてホームシックで泣いてしまった。数日してやっと祈りはじめ、その頃通読していた「エレミヤ書」を開くと、エレミヤ15:16に「私はあなたのみことばを見つけ出し、それを食べました。あなたのみことばは、私にとって楽しみとなり、心の喜びとなりました。

万軍の神、主よ。私にはあなたの名がつけられているからです。」とあり、神様が心に語ってくださったのでした。涙を拭きながら祈り終わった後、私はギターを弾き、そのみことばから歌を作ったのでした。(帰国後、ザ・メッセンジャーズで演奏し、レコーディングの1曲ともなった)

9月に聖書と音楽を学ぶためにミシガン州にある「Grand rapids School of the Bible and Music」という学校に行ったが、当時少し髪の毛が長かった私は、入学早々学長室に呼ばれて「You must cut your hair!」と怖い顔で言われたのだった。

「こんな保守的な学校には居たくない!カリフォルニア州に戻りたい!」と思っていた私に、その夜再び主は「エレミヤ書42章10~11節」から私に語るのだった。「もし、あなたがたがこの国にとどまるなら、私はあなた方を建てて、倒さず、……。あなたがたが恐れているバビロン王を恐れるな。彼をこわがるな。―主の御告げ。-私はあなたがたとともにいて、彼の手からあなたがたを救い、彼の手からあなたがたを救い出すからだ。」

「暖かで住みやすく、音楽の盛んな教会カルバリーチャペルもあり、カリフォルニア州戻りたい!」と思っていた私に、主は、「カリフォルニア州に戻らないで、ここミシガン州に留まりなさい。

あの恐ろしい学長を恐れる必要はない!私がお前と共に居るのだから!」と言うのだった。

織田恭博

英会話と教会 | 証・織田恭博(2)
https://www.gospelventure.com/?p=418

英会話と教会 | 証・織田恭博(1)
https://www.gospelventure.com/?p=418


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11:28)

英会話を教えてもらおうと訪ねた外人は、日曜日の朝に私を教会へと連れて行った。仏教の家で育った私は、「いえ、あの~、僕違うんです…..。」と言ったが、「ド~~ゾ、ナカニ、ハイッテ、クダサ~イ!」と教会の中に入れられた。

私にとって宗教に頼る人は、「弱い人間や年寄りたちが行く所!」と思っていたのだが、中からお婆ちゃんが笑顔で、「ようこそいらっしゃい!」とやさしそうに言うのだった。驚いたことに、そこにはお年寄りばかりではなく、私と同じ若者達もいたのだった。今まで「老人の集い」とか、「若者の集い」とかはあったが、お年寄りから若者達までいろいろな年齢層の人々が一緒にいるこのような風景は、見たことがなかった。彼らは決して強そうではないが、しかし私にはない何かを持っているのを感じた。

私は「決してアメリカの(その頃の私は、イエス・キリストはアメリカ人と思っていた)宗教などにだまされはしないぞ!」と厳しい顔つきをしながら、生まれて初めて「礼拝」というのを体験した。日本語の歌だが、よく意味のわからない歌を彼らは歌い出し、その後「天のお父様!」と言い始めたのだ。

『ここにいる人々は、みんな父親を亡くした人々の集まりなのか?』 そして初めて聖書のお話を聞いたが、チンプンカンプンだった。それでも、礼拝後にアメリカ人の宣教師やその子供たちと片言の英語で話すことが楽しみで、それからは毎週教会に行くようになった。

しかしクリスチャン達には「神様なんか本当は存在しないんだ!」「日本は仏教国なので、アメリカの宗教はいらない!」などと、今思えば生意気なことを言っていた。それでもなぜか、クリスチャン達は決して腹を立てず、いつもニコニコしながら接してくれるのが、とても不思議だった。

北海道生まれの私は小さな頃からの音楽好き。戦後ロシヤで捕虜生活を経験したという父が流す「トロイカ」などのロシヤ民謡や、クラシック曲を耳にしながら育った記憶がある。

中学時代はあの「ビートルズ」が現れ、ギターを買うお金もない私は、ベニヤ板にギターの絵を描いての独学。中学校では器楽部に入り、フォルンを担当し、ベートーベンの「運命」などを練習した。そして高校では合唱部に入り、先生から厳しい発声の訓練を受け、時には泣きながら帰宅したのを覚えている。

それでも辞めずに部活に熱中していた私は見事に大学受験に失敗。卒業後札幌の予備校に行った。しかし、学生時代から英語も好きだった私は、「いつか英語でアメリカ人と話せるようになりたい!」という思いがあったので、ある日電話帳を開き、アパートの近くにあるカタカナの名前の家を訪ねた。

すると背の高い外人が出てきた。初めて外人と話す私は、恐る恐る「あの~、英語勉強したいんですが…。」すると、その大きな外人が「ワッカリマシタ!ソレデ~ワ、コンドノニチヨウビノアサ、イラッシャ~イ!イイトコロ、ツレテッテアゲマ~ス!」と言うのです。

その日は確か水曜日頃だったので、「どうして明日来て下さいと言わずに、3~4日後なのかな?」と不思議に思った。とにかく日曜日の朝再びその外人の家に行ったところ、「サ~、イキマショ~!!」と彼の家族と共に車に乗せられ出発した。「きっと景色の美しい所にピクニックでも連れて行ってくれるのだろう!」とウキウキしながら「外人の鼻は高いな!ワッ、青い目だ!」と、初めて真近かに彼らの顔を横目で見ながら思うのだった。

すると30分ほどで「ツッキマシタ!オリテ~クダサ~イ!」と言われて下りると、そこは美しい野原ではなく何と教会の前だった。仏教の家で、しかしどちらかと言えば無神論で育った私は「僕、違います!」と言ったが時は遅し!

織田恭博


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/