コラム・前原利夫,教会報「飛脚」

感謝祭コンサート  | 会堂購入、あれから10年を迎えました!

私達が一つになってこの会堂を購入して早いもので10年を迎えました。2007年11月の暮れにエスクローをクローズしたのが昨日のようです。この間の事を思い出しながら、主な出来事 ...

コラム・前原利夫,教会報「飛脚」

「エリシャは彼に『弓と矢を取りなさい』と言ったので・・・」    列王記下13章15節

列王記下13章の記録によると預言者エリシャは死ぬ病気にかかっていた。そのエリシャを見舞いに参上したのが北イスラエルの王ヨアシ(BC 8 ...

コラム・前原利夫,教会報「飛脚」

ヨナ書は4章からなる短編でそのメッセージは白と黒のように明白です。神はニネベの民の魂を救うために預言者ヨナをニネベに遣わします。ヨナはその使命から逃れよと企てます。古代ニネベはティグリス川を北上した地点にあり、昔20万人の人口を抱えた ...

コラム・前原利夫,教会報「飛脚」

8月のこの欄の原稿は6月に既に書き終わっていましたが、主の導きであろうか7月19日の祈祷会で起こった別の事をシェヤーするように導かれています。世話人会と当夜参加した8人にはこのことを既にメイルでお知らせし、また皆さんからの反応もメイル ...

コラム・前原利夫,教会報「飛脚」

ヨハネの福音書のテーマの一つは「イエスヨハネの福音書のテーマの一つは「イエスは誰か」「Who is Jesus?」と言えます。

今号はこのテーマに挑戦します。同福音書を開く度にこのテーマに注意を払いながら読んでいました。他 ...

コラム・前原利夫,教会報「飛脚」

今年1月の第1礼拝からヨハネの福音書1章を学び初め、6月の第2礼拝で終章21章を学び終わります。今号は13章をメッセージした折に心に強く残った8節のイエス様の言葉「あなたはわたしとなんの係わりもなくなる」この言葉をご一緒に考えてみまし ...

コラム・前原利夫

5月14日、母の日を迎えます。礼拝に元ヤクザの井上宣教師をお迎えします。ランチは特別ランチで母の日をお祝いします。今号の飛脚は3人の先生方のお母様の証をしていただきます。

私の愛するお母さん  キム師:

母は、第2次世界大戦 ...

コラム・前原利夫,教会報「飛脚」

フォークを捨てないで、最善はこれからです! (Keep your fork, the best is yet to come!)

末期ガンを患うあるご婦人が、この世とお別れの準備で身の回りを整理し始めました。牧師にお葬式の ...

コラム・前原利夫,教会報「飛脚」

2月12日の礼拝で、私は6章から「わたしは天からの命のパン」と題してメッセージを致しました。メッセージを準備しながら、これまで気が付かず読み過ごししていた箇所は6章の結びのペテロの信仰告白でした。読む毎に、6章のコンテックスの中で、よ ...

コラム・前原利夫,教会報「飛脚」

「すべての事について、感謝しなさい・・」
第一テサロニケ5章18節

“感謝、感謝、感謝”、この言葉は友が残した最期の言葉です。この言葉を聞いたとき、これが彼との最後の会話であろうと、悲しかった。この言葉が、今なお旧 ...