イエスは天国を分かりやすくするために多くの譬えを巧みに用います。これまで紹介した譬えでは“高価な真珠”、ブドウ園“などあり、今回は興味のある財算管理の譬えです。

一般に「タラントの譬え」として読まれていますが、少々長目のストーリですから途中で切って前半と後半に分けます。先ず、前半(マタイによる福音書25章14-18節)を冒頭に紹介し、後半(同25章19-30節)は末尾に紹介致しました。 タラントの話は次のように切り出します。

また天国は、ある人が旅に出るとき、その僕どもを呼んで、自分の財産を預けるようなものである。 すなわち、それぞれの能力に応じて、ある者には五タラント、ある者には二タラント、ある者には一タラントを与えて、旅に出た。 五タラントを渡された者は、 すぐに行って、それで商売をして、ほかに五タラントをもうけた。 二タラントの者も同様にして、ほかに二タラントをもうけた。 しかし、一タラントを渡された者は、行って地を掘り主人の金を隠しておいた。 (マタイによる福音書25章参照)

タラントの価値:  
最初にタラントを説明しましょう。ここでは価値、財産価値を量る単位です。ドルは貨幣単位ですが、タラントは能力、重力などの単位にも使います。旅に出た主人がその部下Aさんに一タラント、部下Bさんに2タラント、そして部下Cさんには5タラントの財産管理を依頼しました。 その価値を先ず押えておきましょう。価値の把握ができないと話の内容が浮きあがってしまいます。

当時の一タラントは6000デナリと言われます。一デナリは一日の労賃、即ち日給です。当時の労働は殆ど農耕・牧畜関係ですから日給は比較的一定であったでしょう。 しかし、現代は多様化した労働市場ですから時給、日給と言っても雲泥の差があります。

タラントの理解を進めるために今日の日給を100ドルとして試算してみましょう(時給大体$12)。 一タラントは6000日分の日給となって、$600,000(6000x$100)の大金となります。私の日給は$200という方にはその2倍になります。結構、現代でも大きな数字ですね。

このイエス様の譬えは2千年前ですから、当時の数字としてはやや天文学的な概念に近かったかも知れません。

部下A,B、そしてCさんはそれぞれ$600,000、$1,200,000、そし$3,000,000の財産管理を言い渡された分けです。旅に出た主人とは神様であることは間違いないです。 因みに、芸能界のタレントはここのタラントを語源としています。神様は私たち一人一人に大変な管理能力を与えているのが分かります。

冒頭に、「それぞれの能力に応じて」、とあります。私たちは生まれながらにして固有な能力、物事を成し遂げることのできる力が与えられているのです。また、この力を潜在能力、ポテンシャルと呼ぶこともできましよう。

見方を変えれば、タラントとは私たちに賦与 (先天的に与えられたもの)された医学、科学、法学、教育、スポーツ、ビジネス、その他多くの分野に秀でる力とも言えましょう。私たちは与えられた能力をしっかり活用する使命があるのです。使命は命を使うと書きます。

能力の決算報告:
タラントを与えられた人はそのタラントに従って管理する力があり、またその量を生産する使命があります。このストーリでは2タラントと5タラントの人はそれぞれのタラントを活用して結果を生みます。

一方1タラントの人は預かった1タラントを土の中に隠し、預かったものを全く活用しませんでした。信頼して預けた主人が怒るのも無理のないことですね。

自分に当てはめてみて下さい。貴方が会社の社長さんです。 信頼した部下のAさんに$600,000の現金を預け、それでビジネスをするように預けました。しかし、貴方の部下は色々な理由をつけて自宅のsafety boxに隠して置いたとしましょう。社長である貴方が怒るのは当然ではないでしょうか。 自宅に隠さないで、せめて低利でも銀行預金をしておけば多少の利息で元金が増えたはずです。

聖書は私たちには人生の終わりの決算報告があると教えます。その時です、神様から預かった使命をどれだけ活用し、果したか問われるというのです。

また天国は、ある人が旅に出るとき、その僕どもを呼んで、 自分の財産を預けるようなものである。

有意義な人生、生き甲斐のある人生とは与えられた能力、使命を十分に生かすことではないでしょうか。若者たち、日々を無駄に過ごしてはなりません。今日一日一日が貴方の未来を積み上げます。今日という日を貴方の使命に忠実に生きることです。 次号もタラントの話を取り上げます。 冒頭のタラントの話はこのように続きます。

「だいぶ時がたってから、これらの僕の主人が帰ってきて、彼らと計算をしはじめた。 すると五タラントを渡された者が進み出て、ほかの五タラントをさし出して言った、 『ご主人様、あなたはわたしに五タラントをお預けになりましたが、ごらんのとおり、ほかに五タラントをもうけました』。 主人は彼に言った、『良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ』。 二タラントの者も進み出て言った、『ご主人様、あなたはわたしに二タラントをお預けになりましたが、ごらんのとおり、ほかに二タラントをもうけました』。 主人は彼に言った、 『良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ』。 一タラントを渡された者も進み出て言った、 『ご主人様、わたしはあなたが、まかない所から刈り、散らさない所から集める酷な人であることを承知していました。 そこで恐ろしさのあまり、行って、あなたのタラントを地の中に隠しておきました。ごらんください。ここにあなたのお金がございます』。 すると、主人は彼に答えて言った、『悪い怠惰な僕よ、あなたはわたしが、まかない所から刈り、散らさない所から集めることを知っているのか。 それなら、わたしの金を銀行に預けておくべきであった。 そうしたら、わたしは帰ってきて、利子と一緒にわたしの金を返してもらえたであろうに。 さあ、そのタラントをこの者から取りあげて、十タラントを持っている者にやりなさい。 おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。 この役に立たない僕を外の暗い所に追い出すがよい。彼は、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう』。(マタイのよる福音書24章から)

前原利夫


cropped-gvic_banner1.jpg
ゴスペルベンチャーインターナショナル教会
Gospel Venture International Church (GVIC)
17811 South Western Avenue, Gardena, CA 90248 U.S.A. Tel.(310) 527-6112
www.gospelventure.com/


Comments are closed.

Post Navigation